So-net無料ブログ作成
甲信越の山 ブログトップ
前の10件 | -

霧ヶ峰・美ヶ原 中央分水嶺トレイル (2018年11月) [甲信越の山]

DSC_2127_00001.jpg

今年は【中央分水嶺トレイル】と呼ばれるルートをアレンジしつつ少しずつ繋げて歩いていました♪


画面奥に見えているのは中央アルプス、その手前に見えている湖は諏訪湖です^^



















DSC_2129_00001.jpg

左:八ヶ岳       真ん中にうっすら富士山       右:南アルプス

この日歩いたのは 農の駅~鷲ヶ峰 

往復約2時間のんびりリハビリ歩きです。

でもこのルートを歩いたことで、霧ヶ峰 ~ 八島湿原 ~ 鷲ヶ峰 ~ 和田峠 ~ 三峰山 ~ 扉峠 ほぼ繋がりました^^



















DSC_2131_00001.jpg

鉢伏山の向こうに北アルプス

三峰山から鉢伏山、高ボッチ山方面に歩くこともできます。

来シーズンは残っている 扉峠~美ヶ原 ここを歩いて 霧ヶ峰から美ヶ原 繋げたいと思っています^^
 

※nice! 押し逃げのご訪問になっております。しばらくご容赦くださいませ m(_ _)m


nice!(71)  コメント(6) 
共通テーマ:blog

和田峠(古峠)周辺♪ (2018年9月) [甲信越の山]

DSC_1737 (1)_00001.jpg

夜から朝にかけて滞在させていただいた 高ボッチ山。

北アルプスの絶景を眺めながらのんびり朝ご飯を食べたのち和田峠へ移動しました。
 


















DSC_2003_00001.jpg

ここは中山道、和田峠へと続く道。











DSC_2005_00001.jpg

この辺りは勾配も緩くとても歩き易い♪




















DSC_2013_00001.jpg

和田峠(古峠)到着











DSC_2043_00001.jpg

古よりたくさんの旅人を見守り続けてくれている お地蔵さま

とても穏やかなよいお顔をしていらっしゃいます。

これからもわたしたちの山旅をどうかお見守りくださいませ m(_ _)m











DSC_2014_00001.jpg

ここから中山道を外れ、お地蔵さまの脇を抜け、三峰山方面へと歩きます。



















DSC_2016_00001.jpg

一番奥、こんもりとしたピークが三峰山

いつ来ても気持ちの良い笹稜線♪



















DSC_2020_00001.jpg

カラマツも色づき始めています♪











DSC_2022_00001.jpg

金色の森となるまであと一息



















DSC_2028_00001.jpg

雲行きが怪しくなってきたので、この少し先で折り返しました。

来シーズンも繋げて歩き続けたい大好きな道♪



nice!(67)  コメント(17) 
共通テーマ:blog

爽快な稜線歩き 三峰山 (2018年6月) [甲信越の山]

034_00001.jpg

三峰山より美ヶ原方面

正面に美ヶ原王ヶ頭の電波塔群見えますか^^

先日歩いた二ツ山からここまで縦走できますし、ここからさらに反対方向霧ヶ峰へも歩くことができるみたい。



















004_00001.jpg

朝陽刺す苔むした登山道



















010_00001.jpg

苔に光りが当たる様子に惹かれてしまいます。



















028_00001.jpg

北アルプス!(霞んでます)じゃーん!!

と言いたいところですが…









032_00001.jpg

実はこの日2回目の山頂です^^;

1、2枚目の写真苔むした登山道を抜け稜線にでるとなんと真っ白け(><)


















043_00001.jpg

2時間後、最短ルートでもう一度登って写真を撮り直した次第^^;



















031_00001.jpg

画面右奥、赤い屋根の建物分かりますか?

1回目はあそこからここまで歩いてきたのですが、な~んにも見えませんでした(笑)



















021_00001.jpg

和田峠へと続く道

今度は和田峠から三峰山まで歩いてみようと思っています^^

三峰山は最短ルート(三峰展望駐車場)なら30分足らずで登ることができます。

車利用であれば八島湿原からもそう遠くありませんよ。みなさんも機会あればいかがでしょう。




nice!(64)  コメント(20) 
共通テーマ:blog

諏訪湖周辺の山 (2018年6月) [甲信越の山]

201_00001.jpg

高ボッチ山の朝

稜線歩きの気持ちよい二ツ山を歩いた日、夜は高ボッチ山にテント泊して一人星を撮っていました☆

朝飯を食べたあとテント撤収、その後車で守屋山登山口の杖突峠まで移動。



















216_00001.jpg

守屋山にて (てふてふを探せ!)

(杖突峠 ~ 立石登山口 ~ 守屋山 ~ 水呑場山荘登山口 ~ 杖突峠 周回コース利用)


画面左奥は南アルプス 北岳~仙丈ヶ岳

ほぼ徹夜のよしころん。さすがに疲労が大きく、ここは3回目ということもありこの先の東峰はパスしました^^;








     

冬はこんなかんじ♪ 画面右奥に写っている山 あちらは中央アルプスね。



















222_00001.jpg

水呑場登山口で山神様にお礼中のパートナー。



















DSC_1083_00001.jpg

ポーズとってくれた しましまトンボ



















DSC_1086_00001.jpg

『斜め45度からもどうぞ!』言わんばかりに再度ポーズ!(笑)

このトンボ、自分でも調べてみたのですが、いまひとつ分かりません。

64先生方のご意見お待ちしています m(_ _)m


ダビドサナエ♀のようです

DSC_1086_00001 - コピー.jpg

上の画像を拡大 前脚の基部の黄色がポイントなのだそうです。(ぜふ先生より)

みなさんご協力ありがとうございました m(_ _)m



















オマケ

DSC_0127_00001.jpg

梅雨の晴れ間の空がまるで山の稜線から眺めているような素敵な空の色、雲模様だったので♪

マンション群が山や草原だったらなぁ… みなさまも妄想してみてくださいませ(笑)

夏!ですねぇ。


nice!(64)  コメント(19) 
共通テーマ:blog

爽快な稜線歩き 二ツ山 (2018年6月) [甲信越の山]

079_00001.jpg

6年間あたため続けた稜線を歩いてまいりました♪

「二ツ山」この山の名前、聞いたことのない方がほとんどかと。

ブログ友達KIKIさんお気に入りの稜線歩きの山で、ずっと歩いてみたいと思っていました。



















075_00001.jpg

お天気問題なっし~!



















131_00001.jpg

高ボッチ山、鉢伏山のその先。美ヶ原へと続く稜線の途中にある山です。

目的地の「二ツ山」は画像の真ん中やや右、斜面の一部が少しスキー場のゲレンデのようになっている小高い山。



















099_00001.jpg

一番奥に見えているのは八ヶ岳連峰、その手前は霧ヶ峰です。


















103_00001.jpg

いったん樹林帯まで下ります。



















109_00001.jpg

振り返れば雄大な北アルプス!

何度かアップダウンを繰り返しながらの爽快な稜線歩き♪

鉢伏山荘駐車場から「二ツ山」までのんびり歩いて2時間足らずでしょうか。

山頂は地味な雰囲気だったので写真なし^^;


















114_00001.jpg

たぶん 乗鞍岳^^;

何気なくアップダウンあることが分かりますかね。



















117_00001.jpg

北アルプス!

この景色を眺めながら歩くことが出来る、復路のほうが気持ちよいかもしれません♪



















120_00001.jpg

この日お会いしたのはトレランの男性1名のみ。(写真はパートナーね^^;)



















126_00001.jpg

眺めよし!危険箇所なし!静か!

いや~! 気持ちよかった~~\(^o^)/ KIKIさん、ありがとね~♪

山はやはり有名無名関係ありませんねぇ。



















142_00001.jpg

夜は高ボッチ山にテントを張ってお泊まりさせていただきました。



















148_00001.jpg

また来よう~^^

踏み跡はハッキリしていますが、ルート上にトイレや小屋、水場はありません。

真夏は遮る樹木もほとんどなく直射日光かなりキツイかな。

このあたりは本当にいいお山てんこ盛り~\(^o^)/ 温泉も多いし[いい気分(温泉)] 住みたいわぁ♪




nice!(68)  コメント(17) 
共通テーマ:blog

雪がなかった 霧ヶ峰 (2018年1月) [甲信越の山]

DSC_8845.jpg
1月末の 霧ヶ峰

最強寒波のあとだし、まさかここに雪が積もっていないなんて思うこともなく…















DSC_8850.jpg
霧氷ポイントなのですが…ToT

彩雲見てね^^















DSC_8855.jpg
雪が少なくて地肌が茶色い…

冬の霧ヶ峰には毎年訪れていますが、この時期こんなに雪が少ないのは初めての経験。

近くのスキー場も降雪機フル稼働させていました。

今年はどこも雪が多いと思っていたのですが、やはり場所によりけりのようです。


色があるのであまり寒そうに見えないかもしれませんが、気温は-15℃。

道路は所々ボブスレーコース状態。タイヤはもちろん冬仕様でね!

今回のセカンド寒波で雪増えたかな♪















DSC_8859.jpg
意気消沈で軽井沢方面に移動。















DSC_8863.jpg
ほぼ外を歩くこともなくロングドライブとなった冬の1日でした^^;


nice!(64)  コメント(16) 
共通テーマ:blog

鉢伏山のあたり (2017年9月) [甲信越の山]

DSC_7119.jpg
朝の光にススキがキラキラ☆彡















DSC_8346.jpg
こちらも負けずにキラキラ☆彡 地上の星たちね^^















DSC_7133.jpg
高ボッチ高原から鉢伏山に移動し、前鉢伏山、鉢伏山とのんびり散策

鉢伏山のその先、次回に歩いてみたいルートを確認^^v















DSC_7140.jpg
景色のよい場所で少し早いランチにしました^^
















DSC_7150.jpg
穂高~槍、常念に大天井、燕岳。 北アルプス表銀座の稜線















DSC_7142.jpg
気持のよい1日でしたが、日中でも気温は低く1日中ニット帽を被ったままでした。

季節は早足でどんどん進んでいます。

カメラの電池、最後までなんとか持ちました(笑) 以後気を付けますぅ^^;


nice!(65)  コメント(13) 
共通テーマ:blog

高ボッチ山にて (2017年9月) [甲信越の山]

DSC_7083.jpg
露光中に通りがかった車のライトが鉄塔を照らしてくれました


先日の唐松岳での星景で失敗した反省を踏まえ、やはり夜の撮影はある程度慣れが必要だなぁと感じた次第。
台風一過晴天予報、新月に近い夜、パートナーにお願いして夜撮影の練習兼ねて夜の高ボッチ高原に赴きました。

午前1時現地到着。
『運転ありがとう。どうぞ朝までゆっくりお休みくださいまし~』よしころん活動開始!
三連休最終日の深夜、翌日は平日なのですがたくさんの人(…ほぼカメラマン)にビックリ(*_*;
ここまで車で来られるということもあるのでしょう。世の中自分も含めて変な人、結構いるものです(笑)














DSC_7059.jpg
諏訪湖の夜景とオリオン

露出が難しい…(><)















DSC_7066.jpg
夜景アップ

午前3時過ぎ、1本目の電池の充電がなくなりました。
予備電池に交換しよ~♪ ん?あれ??充電容量なし!?( ゚Д゚) 
やってしまいました。空電池を持ってきてました…
一旦車に戻ってもう一台のカメラの電池残量を確認。 30%…今この電池を使ってしまうと朝景が撮れない(><)
仕方なく星景は切り上げ、そのまま就寝^^;














DSC_7087.jpg
おはよ~♪















DSC_7114.jpg
蓼科山、霧ヶ峰方面♪

朝撮影を終えて、電池残量18%… このあと昼間撮影できるかな^^; とりあえず寝ます…zzz


タグ:D810
nice!(76)  コメント(23) 
共通テーマ:blog

大黒岳(2017年8月) [甲信越の山]

DSC_6499.jpg
大黒岳より焼岳~槍ヶ岳方面を望む

teppanさんの記事で乗鞍への「ご来光バス」というものが運行されていることを知りました。
連休のあまりない我が家、このバスを利用すれば泊まらずにしてご来光を拝める!?
これは行ってみたい!!
ご来光バス観光センター出発はAM3:40。余裕をみて3時には到着しておきたい。
前日の22時半、期待満々で我が家を出発しました。

前日パートナーは休日で少し昼寝ができたそう。
私は勤務日だったため帰宅したのが19時すぎ。少しの時間横になりましたが眠ることはできませんでした。

徹夜のうえ、バスで一気に三千メートル近くまで行くと… やっちまいました(><)2人して軽い高山病の症状が。
高山病、私は今回で3回目くらい。パートナーは初めての経験。
とにかくなにをするにもダルイ。思考能力、集中力が著しく低下します。
頭痛や吐き気はないので症状としてはまだましなほう。

そしてこれはどうも私だけの症状のようなのですが、高山病の症状として毎回手の甲が異常に痒くなります。
その後手がどんどんむくんでいきます。
今回は左手だけが異常にむくみ、右手の1.5倍くらいの大きさまでむくんでしまいました。















DSC_6546.jpg
秋の雲ですねぇ

こんな状態で山頂(剣ケ峰)を目指せるわけもなく。 お花畑の見渡せるベンチでしばらく朝のコーヒータイム。















DSC_6569.jpg
お花畑を一周して下山することに

マクロレンズでお花を撮るパワーなし…^^;















DSC_6573.jpg

やはり若くないのですねぇ。 2人してもう無理が効かない年齢なのだということを改めて実感しました。
下山後ぐっすり昼寝をして白骨温泉で立ち寄り湯。その後のんびり帰宅の途につきました。
パンパンにむくんでいた左手は帰宅したころにはほぼ元通りに戻っておりました。
私たちを反面教師にみなさんもどうぞ無理のない安全登山を ^^;



※高山病の症状の出た際、体中とてもだるくなりますが横になったり眠ってはいけません。
 横たわったり眠ってしまうと呼吸数が落ち、血中酸素濃度が減り症状を悪化させる恐れがあります。
 直ちに標高を下げるのが一番ですが、それができないときは少なくとも4~5時間は眠らないように。
 歩ける状態であればゆっくり歩いて深い呼吸を心がけます。
 私は以前これで高山病の症状が落ち着いたことがあります。
 もちろん状態の悪い際は直ちに下山、救助要請等臨機応変に対応しましょう。

nice!(62)  コメント(29) 
共通テーマ:blog

三国峠周辺徘徊① (2016年5月) [甲信越の山]

5月2日(月)    晴れ のち くもり

16.5.2.094.jpg
若葉にもたくさんの色がありますねぇ♪

早朝からとある枯れ沢を尾根に向かって歩いていたのですが・・・
そのルート、暖かくなると吸血生物が出没するということで、歩くなら今のうち~と初めて歩くマイナー道。(ほぼバリエーション)
1時間ほど登り稜線も見えはじめました。
よしころん、少し高い岩に登り、ルート確認していたとき・・・

「ヒルがいる~~~!!!」 パートナー

わたしの足元、少し離れた場所にうごめく生物が~~~ ToT ToT
 
ひぃぃぃ~~~(><) そのあとはノンストップで駆け下りました~~~

念のためスパッツを着けておいてよかったデス。
車に戻り、おそるおそるスパッツを外し、靴の中も確認。 被害なし! 
ヒルであっさり敗退。 へたれ夫婦の本領発揮なのでした ^^;

意気消沈・・・ ヒルのいない安心できる場所へ向かうことにしました。














16.5.2.041.jpg
パートナーが探しているのは・・・















16.5.2.064.jpg
ナガハシちゃん♪

ピークは過ぎていましたが会うことができました♪















16.5.2.089.jpg
ヒルのいない場所に移動してきました ^^;















16.5.2.105.jpg
ミツバツツジ








16.5.2.110.jpg
新緑のなか目立ちます^^















16.5.2.101.jpg
サカハチョウ?















16.5.2.134.jpg















16.5.2.145.jpg
ニリンソウ















16.5.2.153.jpg
???

あなたはだぁれ? 「アズマシロカネソウ」 翼さん、ありがとうございます^^


※続きます~



nice!(68)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の10件 | - 甲信越の山 ブログトップ