So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

夏の谷川岳② (2018年6月) [谷川岳]

DSC_0095_00001.jpg

西黒尾根とトマの耳(右ピーク)


トマの耳から画面左下に続く所々斜面に残雪が張りついている尾根が西黒尾根。

谷川岳ロープウェイベースプラザから山頂(オキの耳)までの単純標高差はおよそ1200m、累積標高差は1400mを超える。

『まぁよくこんなところを登ってきたなぁ』いつもいつも我ながら思うのです。

ただ実際にこの尾根を歩いているときのアドレナリン放出量は【半端なーい!】と思われます(*゚∀゚*)

スマホで 「現在のアドレナリン量」 なんて計れると楽しい?かも(笑)



















DSC_0113_00001.jpg

オキの耳(山頂)


谷川岳は双耳峰なのですがトマの耳は『手前の耳』が。オキの耳は『奥の耳』が転じたとも…

山頂なのになんで耳?と思われるかもしれませんが、谷川岳の双耳峰、麓から見るとネコの耳のように見えるのですよ^^

わたしはトトロの耳のようだと思っています。



















DSC_0068_00001.jpg

私たちの原点の景色

「いつかこの稜線を歩いてみたい」

私たちの山歩きはここから始まりました。

早いものであの日から10年が経とうとしています。



















DSC_0071_00001.jpg

2013年秋、夢だった憧れの稜線を二人で歩くことも出来ました。










14.2.26.27.jpg

厳冬期にも登らせていただきました。



















DSC_0084_00001.jpg

茂倉岳(左)     一ノ倉岳(右)

あの山越えて土樽駅までも歩きましたねぇ。



















DSC_0107_00001.jpg

どこを眺めてもたくさんの思い出で溢れています♪



















DSC_0111_00001.jpg

遙か向こうに見えている台形の山は 苗場山








14.2.26.15.jpg

憧れの山は10年経った今も変わることなく私たちの憧れであり、夢であり続けています。

これからもずっとずっと…


nice!(74)  コメント(15) 
共通テーマ:blog

夏の谷川岳① (2018年6月) [谷川岳]

DSC_0034_00001.jpg

西黒尾根よりトマの耳(真ん中)オキの耳(画面右)

通算28回目の谷川岳です。(6月中旬)



















DSC_0012_00001.jpg

鬱蒼とした樹林帯を抜け、ひとつめの鎖場を越えると突然この光景が目の前に開けます。

はじめて西黒尾根を登る方はほとんどこの場所で歓声をあげています^^

何度登っていてもこの光景を目の前にするとやはりワクワクするし感動する瞬間。



















DSC_0014_00001.jpg

毎度おなじみの ラクダの背

赤いお花は ベニサラサドウダン♪

いつも同じ場所で撮るため見覚えのある写真ばかりで申し訳ありません^^;
 




















DSC_0020_00001_01.jpg

蛇紋岩に咲く ナエバキスミレが励ましてくれます^^

至仏山や早池峰山も蛇紋岩地質の山。独特な環境が多くの山野草を育んでいます。



















DSC_0059_00001.jpg

オキの耳(左)の向こうに見えているのは 巻機山、越後駒ヶ岳方面。



















DSC_0061_00001.jpg

やったー\(^o^)/ 山頂付近も稜線も晴れてます!

天神尾根経由だと眼下に見えている肩の小屋を経由しますが、西黒尾根はダイレクトに山頂稜線に出ます。

画面左に見えているケルン、冬の様子は…









14.2.26.11.jpg

こにゃにゃかんじ

次回に続きます♪


nice!(61)  コメント(16) 
共通テーマ:blog

春の一ノ倉沢 (2018年4月) [谷川岳]

DSC_9460 (1)_00001.jpg

※谷川岳登山指導センター先のゲートは5月25日まで冬期閉鎖中。国道事務所が管理し立入り禁止。


一般登山道(天神尾根、西黒尾根等)での登山は可能。ただゲートは厳重に閉じられています。

登山装備 + 自身にて目的地へのルートや危険箇所等確認の上、くれぐれも自己責任で入山願います。


西黒尾根を利用したことのある方は???と思われるかもしれませんが、なんだか…大人の事情が垣間見えます。
国道事務所設置のゲートは年々厳重になっていますので安易な立入りはやめましょう。















DSC_9434 (1)_00001.jpg







DSC_9436 (1)_00001.jpg

新緑が目に染みます♪

生まれたての淡くて柔らかいブナの新緑。この時期にしか見られない素晴らしい木々の芽吹き。















この時期やはり山桜も見逃せなくて^^; 同じ山桜を行きと帰りに撮りました。

DSC_9422 (1)_00001.jpg

朝の光に浮かび上がる山桜







DSC_9515 (1)_00001.jpg

帰路は高曇りに。 桜にも谷にも柔らかい光が回ってこれはこれでよいなぁと。

同じ場所同じ被写体でも時間帯、光の具合で全く印象が異なります。















DSC_9427 (1)_00001.jpg

マチガ沢より 西黒尾根~トマの耳















DSC_9438 (1)_00001.jpg

ブナの大木の後ろに見えているのは 白毛門(しらがもん)















DSC_9485 (1)_00001.jpg

一ノ倉沢







DSC_8689.jpg

冬はこんな感じ。 積雪は5m超。 立っている場所、信じられませんが足元は沢なのですよね^^;















DSC_9490 (1)_00001.jpg

淡い新緑のなかに咲く 山桜

この日会えた山野草は4月の山野草シリーズでご紹介させていただきます m(_ _)m















DSC_9522 (1)_00001.jpg

花桃の里

撮影はGW前の4月20日すぎ。

例年より山野草の開花が早いため、とにかく早め早めでお花を追いかけております。

5月に入って久しいのですが、4月の山野草がまだまだ続きますことご了承くださいませ m(_ _)m


nice!(60)  コメント(26) 
共通テーマ:blog

冬の谷川岳 肩の小屋まで (2018年2月) [谷川岳]

DSC_9082_00001.jpg
天神尾根より     左:川棚ノ頭    右:オジカ沢ノ頭
  

通算27回目の谷川岳(うち積雪期は今回含め3回目)

2018年初谷川岳は… 微笑んでくれませんでした(><)
 

天気予報はバッチリ! 絶好の雪山日和間違いなし~♪

チケットカウンターのお姉さんも「今日はお天気もいいし、人も少なくて最高の雪山日和ですねぇ♪」

『はい~^^ 気を付けて行ってきます!』

まだ山頂は見えていないけれど、お姉さんのお墨付き!そのうち雲もなくなるでしょう。そう期待していました。















DSC_9068_00001.jpg
山頂へと続く人の列 (半分はBC(バックカントリー)のボーダー・スキーヤー)


すでにもう何人かのBCボーダーのファーストトラックの跡があります。

みんなもう一度登り返してまた滑るみたい。すごいわー^^;

山頂は画面右奥付近、朝からまだ一度も顔をだしていない。

このあたりからイヤな予感が…^^;















DSC_9069_00001.jpg
お!ソロのボーダーがやってきました。


この方はそのまま西黒沢方面へと滑っていかれました。いちいち、すごいわー^^;

上のほうはガスっているかもしれないけれど、とりあえず肩の小屋付近まで登ってみましょう!















DSC_9084_00001.jpg
じゃーん!(笑)


あ、失敗写真ではありません。 これはまだ見えているほう^^;

「ホワイトアウト」という言葉をお聞きになったことがあると思いますが、雰囲気としてはこんなかんじ。

ぼんやりと見えているケルンはこういった視界不良時、方向を定めるのに本当にありがたい存在なのです。

山頂付近の視界が悪いだけで天候は安定。吹雪いてもいないため精神的プレッシャーはありません。

ケルンから画面左方向に5分も歩けば双耳峰のひとつトマの耳。


ランチをしつつ1時間近くガスが晴れるのを待ってみましたが状況に変化なし…

「どうする?山頂行く?」 パートナー

『行かない。』 即答 よしころん w















DSC_9091_00001.jpg
下山開始~


肩の広場付近。このあたりは尾根が広いため、視界不良時、進むべき方向を定めづらいポイント。

小さな赤旗が進むべきルートの目印になります。設置くださった沼田山岳会の方に感謝です。















DSC_9104_00001.jpg
天狗の留まり場より     左奥:上州武尊山


このあたりまで下りてくるとガスは全くありません~。

↓ ↓ ↓ 積雪量は前回(2014年2月)と同じくらいかな♪ ↓ ↓ ↓


山頂を振り返ってみましたが相変わらず男前な山頂は姿を見せてくれません。

ロープウェイ最終は16時半。 のんびりまったり下山します^^


※続きます♪


【追記】雪山にお出かけの際は天候確認はもちろん、雪崩についても十分ご注意くださいませ。


nice!(65)  コメント(17) 
共通テーマ:blog

一ノ倉沢 リベンジ (2018年1月) [谷川岳]

DSC_8824.jpg
一ノ倉沢3週目 なんとかリベンジ^^;















DSC_8838.jpg
やはりいつ来ても、何度眺めても男前です!

刻々とその様相を変える 一ノ倉沢の大岩壁 もう惚れ惚れしながら撮ってます♪















一ノ倉沢ダルマ.jpg
お!こちらの男前は雪だるま作成中(笑) (スマホ撮影)







一ノ倉沢ダルマ2.jpg
4号、5号 名付けて お雛様ダルマ (スマホ撮影)


100メートルほど後ろまで雪崩が到達している様子、分かりますか?

一ノ倉沢も言わずと知れた雪崩多発地帯。

早朝の時間帯に雪崩が発生することは少ないけれど油断禁物。

本谷には大きなクラックも数か所確認できたため、万が一の際を想定し、安全な逃げ場所を確認しておきます。












DSC_8790.jpg
マチガ沢より武能岳


2週目のミスでポイントはしっかり把握できたはず…^^;

休みとお天気のタイミングが合えばまたどうぞよろしくお願いいたします。

大寒波を経て積雪量もさらに増え、次回はまた違う表情を見せてもらえることと思います。


nice!(64)  コメント(12) 
共通テーマ:blog

一ノ倉沢周辺 (2018年1月) [谷川岳]

DSC_8719.jpg
衝立岩


前回の続き。 3週連続一ノ倉沢の2週目のこと。

やってしまいました…


いままで何度も訪れている冬の一ノ倉沢。ルートミスをおかしてしまいました(><)

一ノ倉沢へ登り上げるルートを通り過ぎ、いつのまにか違う谷を登りあげていました。

夜が明け、周りが明るくなりはじめ、ようやくルートを間違えたことに気づきました。

自戒を込めてのアップです ToT















DSC_8745.jpg
斜め45度の 衝立岩


雪道のナイトハイク、リカバリーのチャンスはあったのです。

あれ? このルート、いつもと違うよね。

普段とは違うトレースだったため、少し戻って確認。しかしこのときの確認作業が足りませんでした。

さらに手前のポイントまで戻り、少し明るくなるのを待って周りの様子を確認するべきでした。

そこはまだ一ノ倉沢へ登り上げるポイントではないと思いこみ、先に進んでしまったのが唯一最大の間違い。

夜の雪道、「間違いないだろう…」で進んではいけませぬ。















DSC_8754.jpg
















DSC_8784.jpg
マチガ沢付近 帰路撮影
 














DSC_8813.jpg
大寒波襲来前でしたが、気温は-15℃でした。

何度も訪ねているルートだからと決して気を抜いてはいけない。

谷川岳がそう言っているような気がしました。反省…



※一ノ倉沢への冬道、夏に電気バスが運行しているいわゆる旧道とは異なります。
 旧道はこの時期雪の斜面。雪崩多発地帯でもあり歩行は困難。
 冬道は雪の湯檜曽川から一ノ倉沢を登りつめます。
 本来は沢なので雪が少なくなってくると危険。何か所か雪崩地帯も存在します。
 冬は経験者同行をお勧めするルートです。

nice!(65)  コメント(21) 
共通テーマ:blog

一ノ倉沢 (2018年1月) [谷川岳]

DSC_8641.jpg
一ノ倉沢

2018年もよろしくお願いいたします♪ 一ノ倉沢へ新年のご挨拶に行ってまいりました^^


新年に入ってから自分たちの休みとこの辺りの天気が一致! 実は3週連続で通っております。はい、アホです^^;

ということで時系列バラバラですが、しばらく一ノ倉沢周辺の様子をお届けする予定です。















DSC_8634.jpg
白毛門(しらがもん)















DSC_8664.jpg
高くなっている尾根からだんだんと朝陽が射しはじめます。















DSC_8671.jpg
左 : 笠ヶ岳             右 : 白毛門(しらがもん)

白毛門~笠ヶ岳 一見近そうに見えるけど片道1時間(無雪期)の道のり。

どちらへも一旦鞍部まで下ってから登り返しなので、行きも帰りもキツイ(><)















DSC_8680.jpg
厳しい稜線上にぽっかりと浮かぶ下弦の月

稜線上の雲は形を変えながら流れては消える

一見穏やかそうに見えるけれど、上空では強い風が吹いていることが分かります。















DSC_8689.jpg
私がひたすら撮っているあいだに、パートナー雪の塊を運んで3号作成 ^^v

次回も一ノ倉沢周辺の冬景色をお届けする予定です。


nice!(72)  コメント(23) 
共通テーマ:blog

冬の一ノ倉沢② (2017年12月) [谷川岳]

DSC_7813.jpg
一ノ倉沢 もう幾度この場所に訪れたのか、分からなくなってしまいました。

この時期の一ノ倉の神々しさはとても写真や言葉では伝えることはできない。















DSC_7856.jpg
振り返って 白毛門(しらがもん)















DSC_7875.jpg
マチガ沢より トマの耳

帰路、西黒尾根登山口で今年のお礼と来年の安全登山をお願いいたしました♪















DSC_7874.jpg
セルフタイマー20秒で成功しました(笑)

厳冬期の平日でも1人、2人は必ず誰かと会う 一ノ倉沢。(物好きがいるんですよ^^;)

※もちろん冬山装備必須。無雪期は誰でも歩くことができる舗装道路も雪崩危険地帯となります。

この日はなんと終日貸切でした!

冬の間にできればあと2回行けるといいな^^






【今回使用レンズ】



使用レンズについての質問がありましたので^^

f2.8もいいなと思ったけど、私の場合ほぼ日中での使用になるので昨年こちらを購入しました。

重量も価格もかなり違うし~^^; 個人的には気に入っております♪

人それぞれ目的や価値観が異なりますので、あくまで自身が使用してみての感想です。

購入をお勧めするものではありませんので、そこのところは個々人の判断にてお願いいたします^^v


nice!(70)  コメント(18) 
共通テーマ:blog

冬の一ノ倉沢 (2017年12月) [谷川岳]

DSC_7788.jpg
撮りながら剱岳の山容に似ているようにかんじていました。















DSC_7783.jpg
いつものことだけど もっと現場であぁすればよかった、こうすればよかったと…帰宅後の反省。


気温-1℃ 風はほぼ無風 旧道は積雪なし (2017年12月1日)

次は簡単には行かせてもらえない可能性大かな…


nice!(68)  コメント(21) 
共通テーマ:blog

秋の谷川岳② (2017年9月) [谷川岳]

DSC_7267.jpg
ん~♪ まさに「山装う」

山頂稜線は紅葉真っ盛りでしたヽ(^o^)丿















DSC_7246.jpg
肩の小屋  爼嵓(マナイタグラ) オジカ沢の頭














DSC_7245.jpg
谷川連峰主脈稜線♪

一番手前のピークが オジカ沢の頭、その後ろ雲の影になっているずんぐりむっくりが万太郎山。

万太郎山の後ろの大きな山体が仙ノ倉山、左の三角がエビス大黒、右の三角が平標山。

私たちの山歩き原点の景色。

肩の小屋から平標山まで約10キロ。『いつかこの稜線を歩いてみたい』ここから私たちの山歩きは始まりました。


【 2013年9月 谷川連邦主脈稜線縦走 】

いつか、また、必ず!















DSC_7275.jpg
左:茂倉岳      右:一ノ倉岳     右斜面の谷の下は一ノ倉沢















DSC_7276.jpg
トマの耳

今回も無事登らせていただきありがとうございました。また来ます~ヽ(^o^)丿


タグ:D810
nice!(78)  コメント(22) 
共通テーマ:blog