So-net無料ブログ作成

平成最大の厄日 その② 救急搬送編 (2018年12月) [日常]

前回の続き、同日の話です^^;

交番をあとにして山の家へ。
9時半を過ぎた頃からパートナーは保険屋さんの担当者、ディーラの担当者と電話連絡を行っていました。
私は相変わらず体調がよくないので、軽く掃除をしたあと横になって休んでいました。
事故前の早朝からこの頃までに既に5回ほど嘔吐しておりました…





IMG_3304.jpg

外は雪景色♪











IMG_3306.jpg

デッキより室内











IMG_3305.jpg

デッキは雪が消えた頃自分たちで塗り直し、補修予定。

庭の木々も枯れ木につる性植物が生い茂っているためそれらを伐採予定です。











IMG_3311-1.JPG

来年まで会えないプリウス2号くん ToT


山の家に滞在しているときは嘔吐するとスッキリ~ こうして写真を撮る余裕もありました。
保険屋さんやディーラとのやりとりも終わり、体調も落ち着いていたので、温泉に入ったあと帰路についたのですが…

午後0時すぎ、インターに入る手前より嘔吐が止まらなくなっていました。
食事は午前4時におにぎり1個を食べたのみ。 もう随分前から胃の内容物はありません。
水分補給のため少しずつ飲んでいるスポーツドリンクをその都度嘔吐。
午後1時頃からは痛みとともに下痢も始まります。
SAの誰でもトイレにパートナーに抱えられながら入ったあとはもう大変(><)
上も下も…、プラス痛みと強い吐き気で油汗ダラダラ… 30~40分はトイレ内にいたと思います。
何度も車に戻ろうと試みましたが、ドアを開けてはトイレに戻るを繰り返したあと動けなくなってしまいました。
トイレ内の壁に設置されていた簡易ベットに横にならせていただきますが、その間も何度も嘔吐。
迷ったあげくSAの方に救急車要請お願いすることにしました…

するとビックリするほど早くに救急車のサイレン音が聞こえてきました。
あとで地図検索するとこのSAのすぐ近くに消防のインター分署があったよう。
救急隊の方が到着したときも私は便器を抱えておりましたToT
そのときの嘔吐物の様子を救急隊の方も確認し、のちに医師に伝えてくださっていました。

救急隊の男性2人に両脇を抱えられてトイレから搬出、ストレッチャーに乗せられ救急車内へ。
救急隊到着直前に女性の方が「新品なので使ってください。」とタオルを手渡してくれました。
パートナーの話によると、このSAの女性の方は通報もしてくださり、スマートインターまでプリウス君の誘導も行って頂いたりとてもよくしていただいたのだそうです。(駐車場からスマートインターまでは逆走しないとたどり着くことが出来なかったのです)

救急車内へ運ばれたものの震えは止まらず身体は強ばっており身動きも出来ません。
痛みで目を開けることも出来ないのですが不思議と周囲の声だけはハッキリ聞こえます。

パートナーが私の名前や生年月日を救急隊の方に伝えてくれていましたが、西暦を間違え自分の生まれた西暦を言っていたので
>「し、し、昭和〇〇年…」声を振り絞って訂正。

車内にて体温、血圧、脈拍、呼吸数、心電図計測。
>あぁ、血圧も脈拍もふだんよりかなり高いし早いなぁ…

救急隊の方の「やや過呼吸気味」声が聞こえた。
>そうか、過呼吸気味なんだ… そういえば指先が痺れている。その後深い呼吸を意識。
>心電図は最初波形が少し乱れていたようでしたが、その後落ち着いてきたよう。

救急隊の方、受入れ先病院を探すための無線連絡(3箇所くらいあたってくださったので覚えました)
〇〇才女性、持病・既往歴なし。体温〇〇度、血圧〇〇~〇〇〇、脈拍〇〇、呼吸数〇〇、意識めい(明白のめい?)
>身体は動かせなくてもこれくらいの状況だと意識明白なのね…

声は最後まで聞こえている… 聞いたことがありますが、まさに実感した次第。
病院到着後も目を開けて確認した訳ではないのですが、不思議なくらい周りの様子はよく分かっていました。
搬送先の病院が決まるまで20~30分かかかったでしょうか。
管轄内の病院ではなく隣接した管轄外の病院が受入れてくれることに。
>大丈夫、生命に切迫した状態ではないということだわ…

SAを出て一般道に入ったところでサイレンが鳴り始めました。
>パートナーとプリウス2号くんはハザード点けて後ろからついてきてるのかな…それはないよね。

『救急車、交差点直進します!』3箇所か4箇所はあったでしょうか。
ほぼ直進だったように思います。15分で病院到着。病院到着は14時過ぎだったと思います。因みにパートナーは30分かかったそう。
救急車から病院のストレッチャーに移動の際、お2人の救急隊の方にお礼を言いました。
相変わらず痛みで目はほとんど閉じたままだったのでお顔は覚えていません。お若い好青年だった印象です。
とてもよくしていただいたSAの女性と救急隊の方には年が明けたらお礼に伺おうと思っています。

私を受入れていただいた病院はおそらく救命救急を断らないタイプの病院だったのでしょう。
周りにも沢山の救急搬送された患者さん、家族の方があちこちにいるのが分かります。
私が到着した直後にも別の救急車が到着していました。
あてがわれたのは7番コーナー。これは真上に札がぶら下がっていたので目視で確認しました^^;
そのまま入院の方、帰ることが出来る方、半々くらいだったように思います。

『〇〇さん、辛かったね。すぐ点滴するからね。もうちょっと待ってね。』医師
まもなくパートナーも到着。
点滴をはじめるとほどなく眠りに落ちました。1時間くらいウトウトしたのでしょうか。
『〇〇さん、急性胃腸炎ですね。血液検査は異常なかったから帰れますよ。』医師
>ありがとうございます。お世話になりました。
17時半過ぎ病院をあとにしました。

事故の大怪我のためすきま風ぴゅーぴゅーのプリウス2号くん、症状は落ち着いたとはいえ私の体調もあったので、パートナーなるべく振動を起こさないよう左車線をユルユル走行。
20時半ころ、無事自宅到着。
はじめての交通事故、はじめての救急搬送、長い長い1日はこうして終わりました。

一瞬で命は終わるんだなと改めて実感した1日でもありました。生かされていることに感謝です。
【ハンマーはまだ打ち下ろされていない】そうも感じました。

わたしの胃腸炎は2日後パートナーに感染(><)
ケーキもチキンもなし。平成ラストはお粥なクリスマスでもありました。




平成最後の年末に2連続楽しくない記事を申し訳ありませんでした。これで全ての厄は落ちたかなと思っております^^;
2人していまだ胃腸炎を引きずっており、もうしばらくnice!のみのご訪問になりそうです。
年末年始のご挨拶もnice!のみとさせていただきますがご容赦くださいませ。

みなさまどうぞ佳いお年をお迎えくださいませ♪


【追記】12/30
みなさま、沢山のお見舞い、励ましのコメントをありがとうございます。
なんとしてもこの2つの記事は年内に終わらせたかったこともあり胃腸炎を引きずりながら仕上げた次第。
ようやく普通食を少しずつ食べられるようになってきた今日このごろです^^;
私は今日が仕事納めでしたが、パートナーは明日まで仕事。元旦のみお休み。
平日休み組は世間一般の休みは関係なっしーですから。

お一人お一人にお礼を申し上げるべきところこちらで無精してしまい申し訳ありません。
新しい年もどうぞよろしくお願いいたします。

nice!(67)  コメント(36) 
共通テーマ:blog

平成最大の厄日 その① 交通事故編 (2018年12月) [日常]

人間生きていると良き日もあればそうでない日もあります。
この日は平成というより人生のなかでも一番の厄日だったかもしれません。
クリスマスに全くそぐわない話題で申し訳ありませんが、今年の厄は今年のうちに…
個人的見解で2回続けて笑えない記事のお届けとなることをどうかご容赦くださいませ m(_ _)m

年末も近づいた平日休みのその日、いつものように午前2時起床。愛車プリウス2号くんで目的地へと向かっていました。
パートナーの体調がいまひとつだったので、早朝写真を撮ってあとは山の家で片付けしつつのんびりという計画でした。
ところが5時過ぎより私の体調が悪化…
早朝撮影も中止、山の家で休んだあと温泉に入っておとなしく帰ろうということに。
山の家へ向かっている途中、事故は起こりました。

午前6時、緩やかな上り坂の国道を時速40キロ前後で走行中、側道よりスピードを緩めることなく車が突っ込んできました。
助手席のドア付近に相手の右フロントから激突。
発生時刻は日の出前の時間で真っ暗だったため昼間にスマホで撮った写真を以下に貼りつつ説明します。

IMG_3320-1.JPG

白い車が国道の下り車線側。私たちは上り側車線を走行していました。
画面向かって右の側道、道路上に「止まれ」と記載あるのが分かるでしょうか。
相手の車は一旦停止無視、減速なしで国道に進入し激突。(おそらく相手の時速も40キロ前後)
よく見ると相手タイヤ痕が道路上に残っていますね。このタイミングでブレーキかけても意味なし…

おまけにこの側道の逆Y字路、下から上りあげてきています。
助手席に座っていた私は衝突直前に相手のライトが確認できましたが、運転席からは全く見えないという状況でした。
車を運転される方には現場および事故状況分かっていただけるかと。










IMG_3312.JPG

愛車プリウス2号くん ToT

ドア下部の半円形の模様は相手のタイヤ&ホイル痕…











IMG_3314.jpg

私たちを守ってくれてありがとう。











IMG_3324.JPG

左前ドア前方部







IMG_3315.jpg

左前ドア後方部

なんとか走行には問題なかったのですが、ご覧の通りすきま風ぴゅーぴゅーToT

雨じゃなくてよかったです。





不幸中の幸い、おかげさまで双方共ケガはありませんでした。
警察への届出、自動車保険等全て現場にて連絡。
人身事故ではないということで双方揃って交番に出向いて事情説明。今後については保険屋さんに任せています。

ここでみなさま気になるのが今回の事故の過失割合かと思います。
保険屋さんの話しによると、おそらく1:9 ではないかと。(確定ではありません)
パートナーはこちらに過失がつくことに納得いかないようでしたが、お互い走行中の事故の場合少なくとも過失ゼロにはならないと私は思っていました。
ただ相手側道路が公道で「止まれ」の赤い標識あり、同様の事故の場合こちらの過失はほぼゼロになるようです。
別荘地内の私道で道路上に書かれている「止まれ」も意味は全く同じだと思うのですがおかしな話ですよね…
登山口に向かう途中、別荘地付近を通ることは知らず知らず多いと思います。
みなさまも側道からの飛び出しにはくれぐれも気を付けてくださいませ。

プリウス2号くんは全治1カ月の重傷 ToT
その間ディーラが無料で代車を提供してくれたのはありがたいことです。
※保険屋さんの提携修理工場でも無料代車サービスあり。(それぞれの自動車保険により異なると思います)

因みにパートナーは運転歴約40年、違反や自損事故の経験はあるものの相手のある事故は初めて。
私の運転歴は30数年。やはり違反はあるものの現在まで無事故です。
私たちは年間走行距離が25000キロ前後とかなり走行距離が多いこともあり、今までにも高速道路走行中、前を走る車3台が玉突きを起こした事故を見たこともあるし、隣の車が突然ふらふらと車線をはみ出し当てられそうになった経験もあります。
そんなこともあり2人して安全運転にはかなり気を付けていたのですが、やはり事故は一瞬で突然ですね…
今回の事故、運転席からの目視はほぼ不可だったので、助手席の私が注意するべきだったと反省中。

そしてこの間、私の体調はどんどん悪化しておりました…

ことの顛末についてはまた【追記】報告予定です。
このまま無事に進んでくれますよう、みなさまお見守りくださいませ。



クリスマスに笑顔になれない記事を申し訳ありません m(_ _)m
今回はコメント欄閉じさせて頂きます。もしよろしければ次回の笑えない記事で~^^;
nice! な記事ではありませんが「見たよ」ということで「nice!」押していただいて問題ありません♪
みなさまにはどうぞよいクリスマスをお過ごしくださいませ\(^o^)/

そのようなわけでご訪問遅れています。いましばらくご容赦くださいませ m(_ _)m



【追記】1/31
昨年末の交通事故から約1ヶ月経った先週、事故対応全て終了いたしました。
過失割合は1:9 双方併せた車体損害額は約100万円(><)
免責も免除対象ケースにて手出しはありませんでした。
ただ保険利用したため翌年からの保険金額は増額、最高等級(+無事故割引)から3等級ダウンしますが…
プリウス2号くんは見た目よりも重傷をおっていました。身を挺して私たちを守ってくれて心から感謝です。

今回の事故、プリウス2号くんのおかげで身体へのダメージはありませんでしたが、やはり精神的ダメージは残っているよう。
特に高速道路の合流地点を走行する際はものすごく緊張するし怖いです。
左斜め後ろからの合流が事故状況と被るのですね…
おかげで安全運転に拍車はかかったかな^^;

車を運転されるみなさん、残念ながらもらい事故も突然やってきます…(一時停止無視、信号無視、後ろからの追突、あおり運転も)
車は凶器でもあります。大丈夫だろうではなく、来るかもしれない! 
心にも余裕を持った安全運転で快適な車ライフを過ごしましょう\(^o^)/


nice!(73) 
共通テーマ:blog

初冬の風景⑤ (2018年11月) [富士山の見える山]

DSC_2406_00001.jpg

富士の裾野、雲のグラデーションがなんともいえません^^



















DSC_2414_00001.jpg

広角だとこのような雰囲気

季節は12月上旬



















DSC_2417_00001.jpg

冠雪した山は 御嶽山

一見すると暖かで穏やかそうな朝景ですが、気温は-8℃。

霧氷狙いでしたが、冷え込んだだけで残念ながら霧氷見られずの朝でした…

この辺り山の家からは近くなったのでまた来ます^^;


nice!(69)  コメント(19) 
共通テーマ:blog

初冬の上高地④ (2018年12月) [自然現象]

DSC_2354_00001.jpg

やはりここは 【神降地】 なのだと感じる瞬間。











DSC_2364_00001.jpg

美術さーん! ちょっとスモーク多すぎ~~~^^;



















DSC_2396_00001.jpg

この世のものとは思えない、言葉に出来ないほどの美しさ…



















DSC_2399_00001.jpg

この景色を眼前にパンを頬張りながらの贅沢な朝食を堪能したのでした^^




上高地は通り過ぎたのも含めて今回で6回目の訪問。うち3回が12月~2月の厳冬期。我ながら見事な変態ぶりですな^^;

シーズン終了後、上高地への交通手段はなく釜トンネルから徒歩での入山。

ずっと要注意だった釜トンネルを抜けた先の雪崩地帯に新しいトンネルが開通し、以前に比べると安心して歩けるようになりました。

一度この景色を見ると抜けられなくなるのですよねぇ…

おそらく次に訪ねるのも冬…かな^^;



冬の上高地は自己責任を原則とする冬山登山になります。

※上高地、冬期入山についてはこちらをご確認くださいませ。



nice!(74)  コメント(23) 
共通テーマ:blog

初冬の上高地③ (2018年12月) [自然現象]

DSC_2322_00001.jpg

美しい時は刻々と過ぎていきます。

上を見上げると…



















DSC_2299_00001.jpg

朝陽に染まる穂高


んが、レンズ…曇ってます(><)

途中で気づいたのでまだよかった^^;



















DSC_2349_00001.jpg

梓川に映る 逆さ焼岳

初冬の上高地、あと1回お付き合いくださいませ^^





昨日も山の我が家に行っておりました。

山の家の掃除はほぼ終了。 居住中の自宅の大掃除はまだ^^;

山の家、おそらく今朝は雪が積もっていると思います。

なにかと忙しい師走、気温も激しくアップダウン… みなさまもどうぞ気を付けてお過ごしくださいませ。




nice!(74)  コメント(14) 
共通テーマ:blog

初冬の上高地② (2018年12月) [北アルプス]

DSC_2273_00001.jpg

真っ暗だった空がだんだんと青くなり星がひとつまたひとつ消えていきます。



















DSC_2284_00001.jpg

夜明け前、薄明の時間帯。

水鏡となった湖面に雪を頂いた穂高が輝く。



















DSC_2344_00001.jpg

時を止めた ヤマハハコ

蒼く静かな時が過ぎていく





変態企画のため現地で「眠る」「休む」は想定されていません(笑)

ただそれぞれツエルト・行動食・温かい飲み物は必須持参。

私は集合時間前に到着し車の中で3時間くらい横になりました。

あまり真似する人はいないと思いますが、冬の上高地の寒さは殺人的です。

万全の準備、下調べのうえ入山くださいませ。



nice!(77)  コメント(17) 
共通テーマ:blog

初冬の上高地 (2018年12月) [星]

DSC_2231_00001.jpg

大正池から冠雪の焼岳

所属している TKフォトクラブ の撮影会に出かけてきました♪

午前0時沢渡集合。 午前1時釜トンネル出発。

朝まで大正池や田代池周辺を撮る、菊池先生を筆頭とする変人集団です(笑) 



















DSC_2243_00001.jpg

穂高方面の試し撮りショット

見事に人工構造物がバッチリ入り込んでしまいました^^;

この人工物は何かといいますと、

上高地ではシーズンオフの期間中、大正池が埋まらないよう泥を堀り出す工事が行われているのですが、そのための作業船。




















DSC_2270_00001.jpg

1枚目を撮ってから2時間後。

月明かりで焼岳が浮かび上がっているのが分かりますか♪

このあとだんだんと星が空に溶けて薄明の時間帯へ^^


………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………


前記事ではたくさんのコメントをいただき、ありがとうございました。

現在は第一段階として双方の家の掃除と片付けに追われています。

暖冬とはいえ冬のあいだ外の作業は出来ないので家の中の片付けもはかどる!?はず。



nice!(80)  コメント(15) 
共通テーマ:blog