So-net無料ブログ作成

2015年冬 雲取山 その3 (2015年2月) [富士山の見える山]

3日目の夜が明けました♪

明るいうちはひたすら歩き、お腹が空いたら食事。 陽が沈んだら寝て、夜明けとともに起きる。

何日か山に入ると動物としての本来の人の営みに近い行動パターンとなるためでしょうか。
体も心もすっきり、リフレッシュするような感覚を覚えます。
でも3泊以上になってくるとお風呂に入りたい衝動のほうがだんだん大きくなってくるんですけどね(笑)

5時半を過ぎた頃から6人の正気ではない面々が目を覚まし始めました。
この日も快晴無風[晴れ] 絶好の山日和です。









あぁ、なんて美しいんだろう・・・

「本当に綺麗だねぇ・・・」 
『泊まらないとこの景色は見られませんもんね~』
6Lさん、K書店さん、パートナーによしころん。
連泊のおじさまも小屋前で眺めている。
「あれ? レーサーさんは? えぇ~まだ寝てるの! この景色を見ないなんて勿体ない~(笑)」









15.2.11.6.jpg
星々はいつのまにかあさぼらけの空に溶け、残されたお月様がぽっかりと寂しげに浮かんでいました。

一夜を共にした同士のみなさんともお別れです。
「楽しかったです。 お世話になりました。」 6Lさん、レーサーさん、連泊のおじさまにご挨拶。

出発時、K書店さんは山頂方面に行かれており、お別れのご挨拶ができませんでした。
K書店さん、たくさんの楽しいお話しありがとうございました。 「ダイヤモンド埃」は面白かったですね~(笑)
そうそう私の巻きスカートは「FJALL RAVEN」というスウェーデンのメーカのものでした。
いつかまたお会いしましょう♪









いつも励ましてくれてありがとう♪










富士山の姿が雲に隠れていたのは1日目の午後のみ。 3日間笑顔で歩き続ける力を与えてくれました。











2日で驚くほど雪の減った登山道を順調に下山。 のめこいの湯で3日分の垢をきれいに落としたあと帰宅。 
2泊3日、穏やかでもありしんどくもあった冬の山旅を無事終えることが出来ました。

あぁ、山に帰りたいなぁ・・・(笑)


nice!(69)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog