So-net無料ブログ作成

晩秋の尾瀬 前編(2012年10月) [尾瀬]

12.10.25.12.jpg
至仏山 冠雪 (撮影 : 2012年10月25日)











10月24日(水)  くもり 時々 雪   鳩待峠 ~ 山ノ鼻 ~ 竜宮 ~ 見晴(泊)
   


パートナー久しぶりの連休。 どこかしらに泊りで行こうと計画。

①谷川岳主脈縦走(避難小屋泊) 
②燧ケ岳(見晴または尾瀬沼泊)
③会津駒ヶ岳(駒の小屋泊) 
④巻機山(避難小屋泊) 

今回泊りで訪れてみたかった山域はことごとく天気が悪い・・・ 没、没、没 ↓ ↓ ↓

⑤尾瀬 鳩待峠 ~ 大清水 縦断(見晴泊) 
どこも悪天だった際の最後の砦。 晩秋の尾瀬をのんびり、まったり歩いてこよう♪ 尾瀬行決定 \(^o^)/


いつも通り6時前には戸倉到着。
ん? なんかいつもと様子が違うような・・・ 
鳩待峠までの交通規制が解除されたため、戸倉発鳩待峠行、乗合タクシーの姿がない!
今回は大清水に抜けるプランのため、鳩待峠に車を駐車すると、帰りの車の回収が面倒になる。
仕方ない7:50始発のバスを待つか・・・

そう思っていたところに1台の乗合タクシーが! 2名でも発車してくれるとのこと。(シーズン中では考えられない)
ありがた~く、2名貸切でいざ鳩待峠へ ^^v

鳩待峠まで車であと10分足らずくらいの地点。 目の前に数台の車が停車している。
なんだろな? と前を見ると、ダケカンバの大木が倒れ、見事に道路を塞いでいる。
前日夜はかなり雨風が強かったよう。

運転手さん「ありゃ~ 撤去にあと1時間以上はかかるかな。 待ちますか? 鳩待峠までは歩いてもあと30分前後かな。」
よしころん夫婦 「歩きます!!」 (即答)

外は雪が降っていたため、タクシー内で着替えさせていただき、倒木を乗り越え出発!

鳩待峠まであと10分くらいの地点まで歩いた頃、なんと後ろから車が~~~(笑)
「倒木思ったより早く撤去しましたよ~。 乗っていきますか!!」 先頭で控えていた車の男性が声をかけてくれた。 
「ありがとうございます~~ ToT」 ありがた~く、同乗させていただいた。

波乱万丈の鳩待峠入となった。 






12.10.25.1.jpg

濡れた木道の上に落ち葉、そして湿った雪。 まるでトラップのように滑るんです~~~(><)
よしころんとパートナー、仲よく1回ずつ大転倒なり~~~






12.10.25.2.jpg
こんなところにも三本カラマツみっけ ^^







12.10.25.3.jpg
名残の秋







12.10.25.4.jpg
燧ケ岳も冠雪

見晴手前、前方から歩いてくる男性2人。
「こんにちは~ 」 すれ違いざま、お互いに ん??? 「あ! あぁぁ~~!!!」 ozebakaさんです。
山の鼻から歩いて最初の橋。 川上川の橋の撤去作業の準備に行かれる途中とのこと。 
群馬側までの遠征、ご苦労様でございます。
尾瀬でのozebakaさん遭遇率100%継続中のわたしたち(笑)






12.10.25.5.jpg
桧枝岐小屋
この日の宿泊者は4組7名。 8人部屋貸切、広々と使わせていただきました♪ 荷物を置いて、平滑の滝へ。







12.10.25.6.jpg
カンバのダンス♪







12.10.25.7.jpg
名残の秋色♪







12.10.25.8.jpg







12.10.25.9.jpg
ほとんどの小屋は今年の営業を終えていました。







12.10.25.10.jpg
平滑の滝
この日は一日中雪が降ったりやんだり、ここまでで折り返すことにしました。



後編に続きます♪

奥日光 秋 後編(2012年10月) [奥日光]

12.10.18.28.jpg
前回からの続きです^^










12.10.18.20.jpg
湯元に到着しました^^

日光湯元の源泉地です。
足元のあらゆるところからポコポコと温泉が湧き出しています♪
手を付けてみるとちょうどひと肌くらいの適温のお湯から、アッチッチ~のお湯までいろいろ。
あまり長くいると硫黄のにおいで酔っちゃいそう~~~









12.10.18.21.jpg
湯ノ湖

パートナーは光徳牧場の駐車場に置いてある車を回収するため、湯元からバスで光徳へ向かいました。
パートナーを待つあいだ、よしころんは湯ノ湖にて撮影タイム ^^v






12.10.18.22.jpg







12.10.18.23.jpg







12.10.18.24.jpg
パートナー合流♪







12.10.18.26.jpg







12.10.18.27.jpg
どこもかしこも美しくて、まるで絵画のなかを歩いているようです。







12.10.18.29.jpg







12.10.18.30.jpg







12.10.18.32.jpg
ひときわ目をひく紅葉







12.10.18.31.jpg







12.10.18.33.jpg
金精峠も秋色でした

実はこの日も 「困ったときの奥日光」 ~で訪れたのですが、深まる秋を十分すぎるほど満喫させていただきました。
訪れれば訪れるほど、さらに奥深い、奥日光の自然の美しさなのでした。














12.10.21.1.jpg
2012年10月20日 従弟夫婦のところに天使がやってきました♪  おめでとう\(^o^)/ どうぞよろしくね♪

奥日光 秋 前編(2012年10月) [奥日光]

10月18日(木)    くもり

奥日光の秋は美しい・・・

12.10.18.1.jpg
さかなと森の観察園







12.10.18.3.jpg



12.10.18.2.jpg
竜頭の滝

竜頭の滝、午前7時前。
平日にもかかわらずずらりと三脚の列。 すごい!(*_*;
三脚を持たない私は手すりに腕を固定してなんとかパチリ・・・ (やや場違い感あったかも)
早朝のうえ、くもり空。日差しもなかったため、手持ちでのスローシャッターはやはり厳しかったです。
少しでも雰囲気が伝わればよいですが・・・














光徳牧場 ~ 涸沼 ~ 切込湖 ~ 刈込湖 ~ 日光湯元

12.10.18.4.jpg

社山に向かうか、光徳牧場から湯元に抜けるか最後まで悩みました。
「昨日は湯ノ湖から金精峠付近の紅葉が見ごろだったわよ~~」 車中泊されていたおばちゃんの話。
おばちゃん情報を信じて、光徳~湯元を歩いた後、湯ノ湖を散策し、金精峠を抜けて帰るプランに決定 ^^v






12.10.18.6.jpg







12.10.18.5.jpg







12.10.18.7.jpg
こんなに美しい黄葉の森は初めてかも・・・










12.10.18.8.jpg
黄葉の森の中にひときわ目立つ紅










12.10.18.16.jpg





12.10.18.9.jpg
涸沼付近
ここだけ全く雰囲気が変わります。 パートナー曰く、奥日光のツンドラ地帯だなぁ。
 









12.10.18.10.jpg





12.10.18.11.jpg
切込湖付近

ここまでにお会いした方は工事関係の方のみ。 この素晴らしい景色を二人占めです♪










12.10.18.12.jpg
刈込湖付近







12.10.18.13.jpg
黄葉はダケカンバかな♪







12.10.18.14.jpg







12.10.18.15.jpg
どんなランチだってこの景色のなかで食べると、三ツ星レストランにも勝る美味しさになるよ^^



次回、湯ノ湖編に続きます♪

ふたり女子会♪ [女子会]

10月16日(火)    晴れ 時々 くもり

上日川峠 ~ 石丸峠 ~ 狼平手前 ~ 大菩薩峠 ~ 雷岩 ~ 福ちゃん荘 ~ 上日川峠

12.10.16.11.jpg
山切れ中のパートナーには申し訳ないけれど、はるかさんと2人、大菩薩峠を歩いてきました。










12.10.16.1.jpg
先日パートナーと歩いた 石丸峠 ~ 大菩薩峠 への登山道。
少しずつ植生の違う森を歩き、やがて稜線へと登っていく道がここからはじまります。







12.10.16.2.jpg
まずは広葉樹の森歩き♪







12.10.16.5.jpg
コマドリ (sizukuお姉ちゃま、ありがとう^^)

「あ、小鳥! ほら、つがいだよ♪」 頭がオレンジ色でまさにハロウィン色^^
 
鳥や植物の名前はいつもsizukuお姉ちゃまやhidamariちゃんが頼りの私達。
2人してさっぱり見当がつきません。 ハロウィン鳥だね! ケタケタ笑います。







12.10.16.4.jpg
いい道だね~~♪ はるかお姉ちゃんも気に入ってくれたみたい^^







12.10.16.6.jpg
広葉樹の森はやがてカラマツの森に変わります。 ここは黄金色まであと少し。







12.10.16.7.jpg
そして稜線に出ると ふじさ~~ん\(^o^)/  やはり圧倒的な存在感に2人見とれてしまいます♪







12.10.16.9.jpg
来てよかったね~♪







12.10.16.8.jpg
石丸峠をあとに大菩薩峠方面へ向かいます。







12.10.16.10.jpg
大菩薩峠までくると、これまでの静けさがウソのように、急に人が増えました。
大菩薩嶺は百名山のひとつでもあり、この時期はどなたでも登り易い、平日でもやはり人気の山。







12.10.16.12.jpg
雷岩から少し歩くと大菩薩嶺の頂上ですが、特にピークにこだわりのない2人。
 
大菩薩嶺には向かわず唐松尾根を下ることにしました。







12.10.16.13.jpg







12.10.16.14.jpg

福ちゃん荘の前、ほんわりピンクのマユミの実がたわわに実っていました♪
稜線ではおそらく今年最後のリンドウに会うこともできましたよ。

撮って、歩いて、しゃべって、笑って、女子2人山歩きの1日は穏やかな天候にも恵まれ、あっというまに過ぎていきました。
そして首都高迷走コンビ、今回は首都高~中央道も無事クリア ^^v
残すは東名のみ! はるかお姉ちゃん、いつもありがとう^^ またよろしくね \(^o^)/ 

山へ行けないときこそ・・・ [散歩♪]

12.10.12.1.jpg

紅葉シーズン真っ盛りだというのに・・・ 山へ行けていない・・・
私は今月初め女子会で山を歩いているからまだいいのだけれど、パートナーは先月の谷川岳オジカ沢以来歩けていない。 
あと1週間山行の目途はつきそうもなく 「山切れだ~ 山切れだ~~!!」 毎日のように言っています。










12.10.12.2.jpg

かくいう私もなんだかんだと慌ただしく過ごしていたのですが、今日の午後ぽっかりと時間の余裕ができた。
外は暑くもなく、寒くもなく、お日様の照り具合も写真を撮るにはいい塩梅。
そうだ!マクロ撮りの練習しよ!! 図書館へ行く道すがら、カメラにマクロレンズ装着してご近所散歩です。









12.10.12.3.jpg
そこここで、タマスダレの花が咲き始め、どこからともなくキンモクセイの香りがふんわりと漂ってきます。










12.10.12.4.jpg
セイタカアワダチソウもマクロレンズで撮ると、雰囲気が変わります♪ アレルギーの方ごめんなさい^^;










12.10.12.5.jpg
この芙蓉の花は真っ白でキズもなくとても綺麗♪ 見とれてしまいました。










12.10.12.6.jpg
最後はブルーハートのツユクサちゃん(後姿です)。 紅葉、間に合うかなぁ・・・

第3回 若草女子会 in 那須平成の森♪ (2012年10月) [女子会]

10月2日(火)    くもり 時々 雨

12.10.2.4.jpg
4姉妹で那須平成の森を歩いてきました♪







12.10.2.9.jpg
愉快な!? お姉ちゃまたち \(^o^)/ 小さな秋を探しながら歩きます♪







12.10.2.1.jpg
アブラツツジかな?
 






12.10.2.2-1.jpg
コアジサイ?



12.10.2.2.jpg
こちらはヤマアジサイかな







12.10.2.8.jpg
お姉ちゃまたち 激写中!
「何を撮っているんですか?」   観光客の方に何度も声をかけられます。   えぇ~と・・・





12.10.2.5.jpg



12.10.2.10.jpg



12.10.2.3.jpg
キノコだったり、葉っぱだったり。    「へぇぇ・・・・・」    いつものごとくどんどん追い越されていきます。(笑)










12.10.2.6.jpg
お姉ちゃまたち、またまた何か発見!!



12.10.2.7.jpg
ピントが合っておりませぬが・・・  節の部分がとんがり帽子をかぶった人の顔に見える!? でしょ^^










12.10.2.11.jpg



12.10.2.12.jpg
ヤブデマリの実かな







12.10.2.13.jpg
駒止の滝





12.10.2.14.jpg
錦秋まであと少し

このあたりで なんだかお腹がへってきたな~ と思っていたら。 なんと12時を回っています。 
小雨のなかこの道を3時間近くかけて歩く。 カメ足では誰にも負ける気がしない私達なのでした(笑)

このあと車でアジアンバザールへ移動。
hidamariちゃんお勧めのバリランチをガッツリ頂き、その後鹿の湯でまったり温泉♪ しょうぞうカフェでお茶♪
ややカロリーオーバー気味ではありましたが、あっという間の楽しい、楽しい1日でした。
お姉ちゃま達、いつも楽しく有意義な時をありがとう♪

那須平成の森は老若男女、どなたでも歩くことができる森の道です。
みなさまも機会あればおでかけなさってみてはいかがでしょう♪ (ただがっり歩きたい方には物足りないと思います ^^;)
http://www.nasuheiseinomori.go.jp/






サブブログをはじめました。

花鳥虫山」 かちょうちゅうざん とも はな・とり・むし・やま とでもご自由にお読みください(笑)
主に今までに撮った写真、山野草を中心に1記事1種類、紹介形式で掲載していく予定です。
実は自分自身への備忘録も兼ねていたりします ^^;
サイドメニューにある セツブンソウの写真からリンクしています。

「花鳥虫山」へのコメント、間違い等あればこちらへコメントいただければありがたく~~。
お時間のある際にでもどうぞご覧くださいませ^^

谷川主脈稜線 オジカ沢ノ頭まで^^ (2012年9月) [谷川岳]

9月26日(水)    快晴[晴れ]

谷川岳RW駅駐車場 ~ 西黒尾根経由 ~ 肩の小屋 ~ オジカ沢ノ頭 ~ 肩の小屋 ~ 天神尾根経由 ~ 天神平RW駅


12.9.26.5.jpg
谷川岳へ行ってきました^^










12.9.26.1.jpg
久しぶりの西黒尾根  紅葉はこれから

西黒尾根を登りながら、「あれ、前回っていつだったっけ?」  雲海を超えて登ったあの日からもう3か月が経っていた。
http://yoshikoronron.blog.so-net.ne.jp/2012-06-19
http://yoshikoronron.blog.so-net.ne.jp/2012-06-19-1






12.9.26.1-2.jpg

ベースプラザ駐車場出発時の気温は8℃。
涼しくなって、気候的にはかなり登り易くなっているはずなのだけど・・・  やっぱり西黒はしんどいね(笑)







12.9.26.2.jpg
耳ふたつ (左 : トマの耳   右 : オキの耳)










12.9.26.3.jpg
このケルンが見えてくると西黒尾根の急登が終わる。










12.9.26.4.jpg

      左ピーク : 俎嵓 川棚ノ頭                肩の小屋              右ピーク : オジカ沢ノ頭            

上越国境稜線、めずらしく雲ひとつなし! 










12.9.26.6.jpg

雲がかかる様子もなければ、風もほぼ無風。 こんな日に国境稜線を歩かない手はないでしょう~~\(^o^)/
谷川主脈稜線、オジカ沢ノ頭まで歩くことにしました♪









12.9.26.8.jpg
中ゴー尾根分岐





12.9.26.8-1.jpg
振り返るとこんなかんじ。 肩の小屋の左、こんもりしたピークがトマの耳。
 
まさに非対称山稜。 眺める方角が違うとまったく別のピークのよう。
肩の小屋からここまでほぼ下りっぱなしです ^^;





12.9.26.7.jpg
で、ここからオジカ沢ノ頭まではほぼ登りっぱなしとなります。
道中には岩尾根あり、鎖場あり。 実は見た目ほど穏やかな道ではありません。







12.9.26.8-2.jpg
肩の小屋から1キロ地点。 オジカ沢ノ頭は先に見えている2つの岩のピークを越えたそのまだ先。










12.9.26.9.jpg
オジカ沢ノ頭到着^^v ずんぐりとした山容の山が万太郎山





12.9.26.10.jpg
道はこの先もまだまだ続くけれど、この日はここまで。





12.9.26.11.jpg
今はここまでだけど、いつか必ず2人で歩く道! 待っててね!!







12.9.26.12.jpg
オジカ沢ノ頭避難小屋 (うしろのピークは川棚ノ頭)







12.9.26.14.jpg
オジカ沢ノ頭から川棚ノ頭へ続く稜線










12.9.26.15.jpg
麓にも秋の気配

日が西に傾き始める頃になっても谷川の耳ふたつ、綺麗に見えていました。
何度訪れても飽きることのない谷川岳。 
今度訪れたときは、一体どんな顔を見せてもらえるのだろう。
いつも本当にありがとう。