So-net無料ブログ作成

芳ケ平湿原 (2015年10月) [山と湿原]

芳ケ平湿原より 草津白根山

ずっと訪れてみたかった芳ケ平に行ってまいりましたヽ(^o^)丿
先月ブロ友の矢車草ちゃん夫婦が行かれており、思ったとおり素敵なキャンプ場のよう♪
http://kornblume.exblog.jp/24658175/
お天気も問題なし! 楽しみ~^^
渋峠から歩かれる人が多いようですが、わたしたちはチャツボミゴケ公園方面の上信越自然歩道から歩くことに♪
このルートとっても静かで歩きやすい道♪ 芳ケ平ヒュッテまで誰にも会うことはありませんでした。
ただところどころで獣臭半端なかったので、クマ鈴は忘れずに!(笹の深い場所、渡渉もあります)






………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

10月5日(月)    基本ガス たまに晴れ間

林道ゲート ~ 平兵衛池分岐 ~ 芳ケ平登山口 ~ 大平湿原 ~ 構笹 ~ 芳ケ平キャンプ場(泊)




ラジオから 『今日は全国的に穏やかな晴天に恵まれるでしょう~』 って・・・雨降ってますけど ToT  
どうもこのあたりだけピンポイントで降っていたようです。
ただ午後にかけて間違いなく天候回復しそうなので、小雨になるのを待って計画より30分遅れで出発しました。














キタ~ヽ(^o^)丿















紅葉もちょうど見頃のようです♪

今回のルート、わたしたちのまったりペースで休憩込5時間半前後と計画していました。
まず出発が雨のため30分遅れ~、途中分岐を間違えて30分ロス ^^; トータルで計画より1時間遅れ。
ただ雨も降っていたためほとんど写真を撮らずに歩いたこと、ガスで展望がなかったためピークを巻いたことで目的地の芳ケ平キャンプ場には計画時間より1時間早い12時に着くことができました。
なんと2時間も巻いた計算! やれば出来る(笑)
というかいつもそれだけ写真撮るのに時間かかっているのですねぇ ^^;














             
自炊の予定でしたが、空いていたのでテントの受付をして芳ケ平ヒュッテでパスタランチを頂きました♪

テント代は一人¥1000(トイレ代込) 山のテン場として考えるとややお高めですが、トイレは清潔で綺麗な水洗トイレ。
キャンプ場としてなら妥当なお値段ですね。
水場はありませんが、小屋で無料でいただくことができます♪














うっしっし~の貸切です~~~ヽ(^o^)丿

こちらのテン場はテント1張にひとつのテーブルとベンチがあてがわれている感じ♪
テント泊される方は分かると思いますが、テーブルやベンチがあるだけですごくありがたいのですよね~
平坦だし、草地なので地面はふわふわだし、なにより静か。 テン場としては文句なしの快適さでしたよ^^














テント設営後、芳ケ平湿原散策に♪







30分もしないうちにガスに巻かれてしまいました。

濃いガスはこのあと夜になっても晴れることはありませんでした。








………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

10月6日(火)    晴れ 時々 ガス

パートナー : 往路を戻り車をピックアップして渋峠へ

よしころん  :  芳ケ平キャンプ場 ~ 渋峠

別行動なのは決して喧嘩したわけじゃありませんよ(笑)


夜明けと共にガスが晴れました~[晴れ]















             
朝露に濡れてススキの穂がキラキラ☆彡















雲海のベンチ















この日パートナーとよしころんは別行動とし、渋峠で待ち合わせをすることにしました。

よしころん、以前から痛めている右脚(腸脛靭帯炎)にイヤな感じの違和感が… 下りで痛みがでそうな雰囲気バリバリ ToT
そこでよしころんは往路を下らずに距離と時間の短い渋峠に登り、パートナーは往路を戻って車をピックアップする、
題して 「くだらない」 作戦(笑)。
写真は7時半、パートナーが先発したあとのベンチです。














よしころんは出発まで2時間の撮影タイム ヽ(^o^)丿















湿原をまたガスが流れ始めました。















画面右の赤い屋根が 「芳ケ平ヒュッテ」















ガスは自然のソフトフィルターですね^^

渋峠でパートナーとの待合せは11時頃。 
芳ケ平から渋峠までのCTは1時間半。 よしころんは9時半に芳ケ平キャンプ場を出発しました。
傷めている右脚、登りに関してはほとんど問題ないので、自分の荷物(14キロ)はちゃんと背負って登りましたよ~^^v














渋峠より芳ケ平湿原

中間地点のダマシ平で10分ほど行動食休憩。
大荷物のうえソロで歩いているので、途中男性なのかと間違われたり^^; 
11時少し前に渋峠に到着。 登山口近くに愛車プリウスくんとパートナー、つい5分前に着いたそうです。
「くだらない」作戦が功を奏し、違和感のあった右脚はなんとか持ちこたえてくれました。

合流後日本ロマンチック街道を草津方面へ向かいます。

※続きます^^

nice!(81)  コメント(30)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 81

コメント 30

ぜふ

ずいぶん広い湿原ですね~ 八島ヶ原より広い?
くだらないのも良いことなのですね♪ ナイス連携プレイ^^
by ぜふ (2015-10-10 07:52) 

koboo

綺麗に色づいていますね ^ ^
by koboo (2015-10-10 10:03) 

めもてる

素晴らしい!!の一言です。
by めもてる (2015-10-10 11:41) 

nousagi

さすがに紅葉の名所、素晴らしいですね。
こちらの紅葉はまだ大丈夫かな?
芳ヶ平ヒュッテは以前から評判は聞いていますが
気に入っている人が多いようですね。
テント場もよかったですか?
それにしても14キロ持って行かれるんですね。
すごいなぁ・・・
足がなんともなくて良かったね。(^^)
by nousagi (2015-10-10 11:48) 

ひろたん

重い重い荷物を持って行かれたのですね。
も10キロくらいで良しとしたいですね。
この綺麗な紅葉をみていると
重さなんてですよね。
人気の名所ですね。
by ひろたん (2015-10-10 13:30) 

ちぃ

ガスの中の紅葉も神秘的でとても美しいですね♪ わぁっ、膝の不調、大変でしたね(>_<) 大きな湿原、夏の花も多いのかなぁ
by ちぃ (2015-10-10 13:31) 

らる

こんにちは!
私はこの2日前に同じ場所に居ましたよ!!
2日違いでも、こんなに違うのか?と驚いています。
私も後日アップする予定ですので、
お時間あれば見に来てくださいね〜♪
by らる (2015-10-10 13:54) 

tina

こんにちは
朝陽に映る一枚目の写真、とってもいい感じ
フレームして飾っておいたら、毎日癒される絵になると思います。
この場所に行ってみたくなりました。
優しい旦那様に感謝ですね。

by tina (2015-10-10 14:11) 

ちんぐるま

ミストが効果的! バルサン?
車のピックアップ?・・・ あたしゃ 嫌だよ(>_>)
by ちんぐるま (2015-10-10 15:59) 

はるか

あ~、素晴らしいね。北欧の森のようだね。

素敵だね。は~って、ため息ついてみているよ。

志賀草津ルート、あ~、温泉がいっぱいあるしね。

脚お大事にしてください。
by はるか (2015-10-10 16:39) 

ゆるり

膝の様子は、私と同じような感じですね。
平地・登りでは全く大丈夫なんですが、長い下りで痛むんです。
下りからまた登りになると平気になるんです。
どこの医者に行っても、原因が結局判りません。
現在は、登りからサポーターを使用すると問題なく下れます。
by ゆるり (2015-10-10 17:42) 

いろは

こんばんは^^
志賀高原あたりの紅葉も素晴らしいのですね〜♪
渋峠あたりが一番綺麗なのでしょうか...
湿原をガスが流れ始めたお写真が特に好きです!
痛めている脚も,お優しい旦那さまにサポートされて、無事に紅葉が楽しめて良かったですね♪
by いろは (2015-10-10 18:06) 

MIKUKO.

脚の方痛みは大丈夫ですか?
重たい荷物の負担も大きそうですよね…。
個人的に、ビッシリ紅葉というよりも、
よしころんさんの前記事の一枚目とか、ここの一枚目とか、
そういう木々と色バランスの風景が大好きなので、嬉しくなりました ^^
by MIKUKO. (2015-10-10 18:38) 

よしころん

ぜふさん♪
八島湿原と・・・ う~~~ん、どっちも広い ^^;
くだらない作戦大成功でした ヽ(^o^)丿
右脚の違和感はまだ残っているのでしばらく養生します。



kobooさん♪
はい~ とっても見頃でしたよ~ヽ(^o^)丿



めもてるさん♪
はい~ 本当に素晴らしい紅葉でした^^
渋峠までは車で行けますので、機会あればぜひ♪



nousagi さん♪
テン場の感想加筆しておきました m(__)m
わたしたちのなかではかなり高ランクのテン場です ^^v
星空望めなかったのだけが心残りかな。
小屋は通年のようですので、nousagiさん冬にでもいかが。
荷物のうち5キロ近くはカメラ・レンズ系でして・・・
足はなんともありまして~^^; 腸脛靭帯炎がいまだ完治しておりませぬ ToT
by よしころん (2015-10-10 18:40) 

Jetstream

青空に映える紅葉はキレイですね。 ガスっぽいなかの紅葉も幻想的に撮れてますね。 !(^^)! 
膝は悪化されないように、是非早く治してください。 荷物は軽くされた方が間違いなくいいんで、しばらくは御主人さまに頑張ってもらってください。
私はもう捨てるものは捨てるしかない末節と諦めてます。(笑)
サポーター、底じき(スーパーフィート)、ストックは膝痛には軽減されます、もう試されたかもしれませんが・・・
本白根山、帰りは草津温泉と温泉まんじゅうが楽しみです。!(^^)!
by Jetstream (2015-10-10 19:49) 

CARRERA

10年位前に渋峠や山田峠にはよく紅葉撮影で通いました。。
懐かしいデス・・・。
あたしの右膝もチョッと違和感あり。騙し騙しジムで鍛えてます!^^
by CARRERA (2015-10-10 21:17) 

achami

荷物が重いと、登りより下りの方がダメージありますね〜。
14キロ・・・
もう、素晴らしいとしか言いようがありません!!!
でも、お大事にして下さいよ〜。
by achami (2015-10-10 21:30) 

Kajin

景色も良いけど写真も良い!
特に、1枚目の白根山と輝くススキ。
膝、お大事に。
by Kajin (2015-10-10 23:31) 

よしころん

ひろたんさん♪
泊りになるとシュラフ等の他にカメラ道具、三脚等背負っているので大体14~15キロです。
そうなんです。10キロくらいだとずいぶん楽になるのですけどね ^^;
鍛えないと~~



ちぃちゃん♪
今年はガスと紅葉のコラボが多いです ^^;
これもまたよしですね~♪
芳ケ平、夏に訪れたことはないのですが、とにかくテン場がよかったので機会あればまた出かけてみたいなと思っています。
膝(というか靭帯なのですが^^;)しばらく養生します・・・



らるさん♪
あらまぁなんと!
同じ景色眺めていたのですね~~ヽ(^o^)丿
渋峠まで? 芳ケ平湿原まで歩かれたのかしら??
記事アップ楽しみにしていますね^^



tina さん♪
ここもそちらからはかなり遠いですが、機会あればぜひ^^
高速のインターから離れているので、佐渡に行くのと同じくらいかかるかも・・・
芳ケ平のテン場は気持ちいいですよ~~
ぜひテントで ^^v



ちんさん♪
あたしゃゴキブリじゃないよ~~(笑)
車のピックアップ、ちんさんには頼まないから大丈夫 ^^v
でも男の子だから荷物は担いでね! 14キロよろしく!!
ドウジャイ~~
by よしころん (2015-10-11 07:41) 

tochimochi

気持ちのいい湿原ですね~!
>渋峠より芳ケ平湿原
の写真が秀逸です。
こんなところでテン泊とは羨ましい限りです。
テーブル、ベンチさらに水洗トイレ付きとは至れり尽くせりですね。
朝日を受けたカラマツの輝きもいいです。

by tochimochi (2015-10-11 07:50) 

よしころん

はるかちゃん♪
ここも独特の風景があってとても美しい場所です^^
芳ケ平ヒュッテは通年小屋だそうで、冬は山スキーの方が来られるみたい。
小屋に古いスキーもディスプレイされていたよ。
脚はぼちぼちいきますです^^;



ゆるりさん♪
わたしは右脚腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)です。
5年前に左脚で経験していますが、骨格的問題でどうもなりやすいようです。
テーピング、タイツ、サポーター、ストック等フル装備なんですけどね。
整形の診察で骨には異常なしです。
靭帯の炎症は整形の受診では見逃されがちかも・・・
ゆるりさんもひょっとしたら靭帯炎症系かもしれませんねぇ。



いろはさん♪
ここはずいぶん前に観光で訪れたことはあったのですが、芳ケ平は初めてでした^^
とにかく快適なテント場でお気に入りになりました♪
今回は星空を望めなかったので次回機会あれば星空を望んでみたいと思っています☆彡
>湿原をガスが流れ始めたお写真が特に好きです!
ありがとうございます^^ わたしもお気に入りの1枚ですヽ(^o^)丿



MIKUKO.さん♪
日本のTHE紅葉とは趣が違って、少し北欧のような雰囲気の場所ですよね~^^
右脚は靭帯の炎症なので一足飛びにはよくならなくて・・・
ちょっと長患いしているので、なんとかせねば状態。
プロのスポーツ選手が 「脚の違和感・・・」 と言うのがよく理解できる今日この頃(笑)
by よしころん (2015-10-11 08:47) 

山子路爺

なんとも羨ましい秋の景色ですねぇ〜〜〜
貸し切りテン場……サイコー!

by 山子路爺 (2015-10-11 14:04) 

ganchan51

こんにちは~♪
私達夫婦は、前日(4日、日曜)に渋峠から芳ヶ平湿原を見下ろしていたんですよ。
あのおとぎの国の様な景色の中を歩かれたのですね、素敵々々!
いつか歩いてみたいと思いました~~♪

by ganchan51 (2015-10-11 17:21) 

よしころん

Jetstreamさん♪
こんにちは~ いつもありがとうございます^^
インソール、タイツ、ダブルストックは左脚を痛めた5年前から標準装備。
現在は+タイツの下にテーピング、上にはサポーターと重装備なのです ^^;
わたしの場合は骨格的原因からくる靭帯炎なのでちょっとやっかいです。
膝の骨に異常ないのは幸いなのですが。
5年前にお世話になった整体に再び通い始めました。来シーズンに向けて養生したいと思っています。



CARRERAさん♪
違和感・・・ イヤですねぇ・・・
おそらくね違和感のある箇所に疲労物質が蓄積されてますよぉ。
隊長も整体行かれてくださいまし~~



achami さん♪
涸沢の紅葉素晴らしかったですね~^^
achami さんのお写真拝見するとテントは以前ほどビッシリではなさそうだったので、来年あたり検討してみようと思います♪
登るのはいいのですが、下れません~~~ ToT



Kajin さん♪
ありがとうございます~^^
日本は秋真っ盛り、いい季節ですよぉ♪

by よしころん (2015-10-12 08:44) 

よしころん

tochimochiさん♪
こんにちは~^^
ゆるテント泊には最適の場所だと思いましたヽ(^o^)丿
少し歩きたいときは今回のコースで歩けばいいし、時間がないときは渋峠から、下りは1時間で辿りつけますからね。
テーブル、ベンチの標準装備は本当ありがたい❤
またリピートすると思います^^
小屋は通年のようで山スキーの方が来られるようですよ ^^v

by よしころん (2015-10-12 10:58) 

馬爺

いよいよ山も揺る秋に成りましたね、今朝方富士山は雪化粧を始めました、寒い筈です。
by 馬爺 (2015-10-12 18:27) 

Hide

やはりプロの写真家が撮られた写真は違いますね・・・絵になります!
くだらん作戦最高じゃん!さ〜て草津で・・・お湯の中にも花が咲くよ
チョイなチョイな〜♪ 右足をゆっくり労ってくださいね・・・
全て素敵な写真でした・・・ありがとう!自分も登った気がします・・><
(平地を5分歩く訓練をこれから始めます・・・ムムム@@脚が痛いヨ!)
by Hide (2015-10-12 20:02) 

よしころん

山子路爺さん♪
怪我の具合はいかがですか?
わたしもよかったり悪かったりなので、5年前にもお世話になった整体にしばらく通うことにしました。
かなり楽になります ^^v
渋峠までは車で行けますよ~ヽ(^o^)丿



ganchan51 さん♪
こんにちは~ コメントありがとうございます^^
わぁ~1日違いだったのですね!
ganchan51 さんご夫婦、わたしたちが3日かかった(笑)爺ケ岳にも行かれてましたね^^
なんだか同じような山域に出かけているのでそのうちお山でバッタリもあるかも!!
渋峠からは充分日帰りできますのでいつか是非^^
あ、冬は山スキーの方も来られるようですよ。 いかがでしょ~ヽ(^o^)丿

by よしころん (2015-10-13 08:12) 

michi

秋の芳ヶ平、素敵な朝ですね。朝の色温度の上がらないときに撮影っていい絵になりますね。(実際はもっと素敵なんでしょうけど)

by michi (2015-10-13 16:52) 

よしころん

馬爺さん♪
富士山、我が家からも朝晩よく見える季節になってきました^^
夕焼けに浮かぶ富士山はとても綺麗です♪
今朝は上半分は雲の中です^^;



Hide さん♪
コメントだけ読んだ方が勘違いされちゃいますからね~^^;
Hide さんと違ってわたしはガッツリ素人ですよ(笑)
しばらくは「くだらない」作戦でいこうと思っています!



michi さん♪
わたしは山の朝の景色が大好きなんですけど、パートナーは朝がダメなのですよ。
泊り山行の際、早朝の景色はほぼ一人で撮っています^^;

by よしころん (2015-10-14 07:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0