So-net無料ブログ作成
検索選択
思うこと ブログトップ

余生 [思うこと]

次女の結婚式を終えて以来、心にぽっかりと隙間が空いてしまったような日々を過ごしています。
1年前に長女が結婚、次女も同じころに独立。 
主がいなくなった子供部屋を見て寂しい気持ちを覚えていましたが、その時とは異なる心象。

母娘3人で暮らし始めたのは30代半ばのこと。 長女は中学生、次女は小学生でした。
家財道具は最低限。 テレビと電子レンジはちょうど買換えをした友人から譲っていただきました。
離婚調停も同時進行、精神状態は人生最悪期。 そんな私を支えてくれていたのは娘たちでした。
食事当番は曜日別。 いまのようにネットでレシピを検索できる時代ではなかったので、ムムムな食事が食卓に並びます。

「これ、なんか全然味がないんだけど~^^;」
『素材を生かした味付けといって~(笑)』

雨風を凌げる家で暮らすことができ、3人で食卓を囲むことが幸せな日々。

どんなに辛くても2人が自立するまではなにがなんでも踏ん張るぞ! 明日は今日よりよくなる!!
娘たちが独立することはいつのまにか私の人生の大きな目標になっていました。

パートナーと出会い、4人で生活を始めたのは娘たちが大学生のころ。 私は40代半ばにさしかかっていました。
長いあいだ女3人で生活していたところに血のつながりのない男性が入ってくる。
一緒に暮らし始めた頃のぎくしゃく感はお互い言葉にできないほど。
ぶつかり合いながらも私たちは少しずつ、少しずつ家族になっていきました。
今となってはパートナーと娘たちはいわゆる普通の父娘より仲がよいと思います。
それは普通ではない家庭環境のおかげだったのかもしれません。

50代になりまず長女が独立。そして結婚。 今回次女も続いてくれました。
次女の結婚式はわたしの役目を終えた日。 人生のなかでも大きな区切りの日となりました。
娘たちは今後も自分たちの人生をしっかりと歩いてくれることでしょう。

私の人生はもう十分。 望むものはなにもありません。
願わくば水が気体となるようにいつのまにか消えることができますように。

あ、べつに遺書ではありませんので間違いのないように(笑)
長寿家系の我が家・・・ 祖父の年齢まで生きるとまだ半分以下 ^^; 余生は長くなりそうです。






13.8.27.2.jpg


※コメントは残せそうもないのですが、みなさまのところへも少しずつお伺いさせていただきます m(__)m

nice!(68)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

Imagine [思うこと]

15.2.3.5.jpg







Imagine / John lennon




Imagine there's no Heaven           想像してごらん 天国なんてないんだと    

It's easy if you try                  ほら簡単でしょう

No Hell below us                   地面の下に地獄なんてないし

Above us only sky                  僕たちの上には ただ空があるだけ

Imagine all the people               想像してごらん みんなが

Living for today                    ただ今を生きているって



Imagine there's no countries           想像してごらん 国なんてないんだと

It isn't hard to do                   そんなに難しくないでしょう

Nothing to kill or die for              殺す理由も死ぬ理由もなく

And no religion too                  そして宗教もない

Imagine all the people               想像してごらん みんなが

Living life in peace                  ただ平和に生きているって



You may say I'm a dreamer           僕のことを夢想家だと言うかもしれないね

But I'm not the only one              でも僕は一人じゃない

I hope someday you'll join us          いつかあなたもみんな仲間になって

And the world will be as one           そしてきっと世界はひとつになるんだ



Imagine no possessions               想像してごらん 何も所有しないって

I wonder if you can                  あなたなら出来ると思うよ

No need for greed or hunger           欲張ったり飢えることもない

A brotherhood of man                人はみんな兄弟なんだって

Imagine all the people                想像してごらん みんなが

Sharing all the world                 世界を分かち合うんだって



You may say I'm a dreamer            僕のことを夢想家だと言うかもしれないね

But I'm not the only one               でも僕は一人じゃない

I hope someday you'll join us           いつかあなたもみんな仲間になって

And the world will be as one            そしてきっと世界はひとつになるんだ






nice!(57)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

あしたはこない [思うこと]

13.12.17.18.jpg
一ノ倉沢 (撮影:2013年12月)



いつかは訪れる。 これだけは皆平等。 この世にはあとどれくらいいられるのかな。



「山のなにがそんなにいいの?」 よく聞かれるけれど、いつも答えに躊躇してしまう。

花々の美しさ、新緑の瑞々しさ、風の心地よさ、空の蒼さ・・・

もちろんそうなのだけど、実際のところ未だに自分でもよく分からない。



『一体なんだろう・・・』 山に登りながら考える。

暑い、寒い、辛い、苦しい・・・ そしていつのまにか 「無」 になっている。 

何ぞや ではなく目の前にある山と自分との対峙。 何も考えていない。

心も体もないような感覚。 

一番適当な答えとしてはこの感覚を伝えたいのだけど、言葉にはできない。



山を歩くことで 「生」 を感じられる。

今生きている。 そのことを確かめに山に向かっているだけのかもしれない。





nice!(68)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

山を歩いて・・・ [思うこと]

8月21日(木)    晴れ 時々 くもり

14.8.21.3.jpg
ブナの美しい森を抜けてその花に逢いに行ってきました。










14.8.21.7.jpg14.8.21.5.jpg









14.8.21.9.jpg










14.8.21.17.jpg14.8.21.16.jpg
驚くほど色々なお花が咲いていて豊かな山なのですね。










14.8.21.15.jpg14.8.21.20.jpg









14.8.21.4.jpg
わぁ~♪ 咲いてるよ~~ 出逢いはいつも突然。

初めての出逢いにしばらくは心躍っていたのですが、歩き進めるにつれ違和感を感じはじめました。
登山道沿い、少し入った場所、そこここにある不自然に掘られた穴。

あぁ・・・ なんてことを。
明らかに人によって持ち去られた痕跡。
ごめんなさい・・・ ごめんなさい・・・  ずっとここで咲いていたかったよね。






14.8.21.12.jpg
綺麗だから・・・ 珍しいから・・・ 人間のいつもの勝手な言い訳。







14.8.21.13.jpg
『 どうかわたしを連れ去らないでください 』










14.8.21.6.jpg
それでも花はなにも言わない。










14.8.21.8.jpg
ただひたすらに美しい。










14.8.21.21.jpg
あ・・・ アサギマダラ。







14.8.21.24.jpg







14.8.21.23.jpg
ボロボロに傷ついた羽。 それでもなお優雅に舞いあがる。










14.8.21.10.jpg
山を歩こう。 これからもずっと。 願わくば歩けなくなるまでも。



※今週は法事のため実家へ帰省します。 コメント欄開けていますがお返事はできないかもしれません。 
  どうかご容赦くださいませ m(__)m


nice!(62)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
思うこと ブログトップ