So-net無料ブログ作成

秋の谷川岳② (2017年9月) [谷川岳]

DSC_7267.jpg
ん~♪ まさに「山装う」

山頂稜線は紅葉真っ盛りでしたヽ(^o^)丿















DSC_7246.jpg
肩の小屋  爼嵓(マナイタグラ) オジカ沢の頭














DSC_7245.jpg
谷川連峰主脈稜線♪

一番手前のピークが オジカ沢の頭、その後ろ雲の影になっているずんぐりむっくりが万太郎山。

万太郎山の後ろの大きな山体が仙ノ倉山、左の三角がエビス大黒、右の三角が平標山。

私たちの山歩き原点の景色。

肩の小屋から平標山まで約10キロ。『いつかこの稜線を歩いてみたい』ここから私たちの山歩きは始まりました。


【 2013年9月 谷川連邦主脈稜線縦走 】

いつか、また、必ず!















DSC_7275.jpg
左:茂倉岳      右:一ノ倉岳     右斜面の谷の下は一ノ倉沢















DSC_7276.jpg
トマの耳

今回も無事登らせていただきありがとうございました。また来ます~ヽ(^o^)丿


タグ:D810
nice!(77)  コメント(22) 
共通テーマ:blog

秋の谷川岳① (2017年9月) [谷川岳]

DSC_7184.jpg
西黒尾根 ラクダの背より 谷川岳

今年2回目、通算26回目の谷川岳です♪

西黒尾根~トマの耳~オキの耳~奥の院~天神尾根 私たちのテッパンコース















DSC_7186.jpg
秋色になってきていますね^^

私たちペースで西黒尾根登山口からここラクダの背まで約2時間。

体感的にはこのあたりがコースの中間くらいかなぁ。ここまですでに4つの鎖場を越えてきています。















DSC_7210.jpg
さらに登って よしころん定番撮影ポイント^^v

休憩兼ねて行動食を食べつつしばらく撮影。画面右側、まあるいピークがトマの耳。

何度訪れてもここから眺める谷川岳には惚れ惚れします♪















DSC_7230.jpg
こちらが山頂 オキの耳















DSC_7235.jpg
マチガ沢を挟んで東尾根に光射す

さて、もうひと登り!


タグ:D810
nice!(74)  コメント(20) 
共通テーマ:blog

谷川岳 夏② (2017年7月) [谷川岳]

DSC_7498.jpg
肩の小屋と大好きな上越国境稜線。 綺麗に見えていますヽ(^o^)丿

2人で初めて山に登ったのが2008年7月ここ谷川岳。 この美しい稜線を目の当たりにした感動はあのころのまま^^
 














DSC_7509.jpg
早いものであれから9年経ちました。















DSC_7501.jpg
ずっと憧れていたこの主脈稜線を歩いたのは2013年9月


表銀座縦走はじめ、9年間でいろいろな縦走路を歩いたけれど一番感慨深いのはやはりこの縦走路かなぁ。

馬蹄形縦走はまだ残したままなのですが… 必ず歩きたい! 歩くぞ!!















DSC_7512.jpg
双耳峰のひとつ トマの耳















14.2.26.22.jpg
2014年2月撮影















DSC_7518.jpg
この日はヘリが一ノ倉沢の岩壁をパトロールしていました














DSC_7522.jpg
左:茂倉岳                    右:一ノ倉岳

土合駅(群馬県)より西黒尾根、あの二つのピークを越えて土樽駅(新潟県)まで歩いたことも。















14.2.26.35.jpg
あのころ、あの季節、あの山、この山、谷川岳ではどこを眺めても思い出いっぱい♪















DSC_7575.jpg
天神平にこんなものができていましたので記念撮影^^ (バックの山は笠ケ岳~朝日岳方面)

2人して故障箇所を抱えてしまい、以前のような長距離・長時間山行は難しいのですが、身体と相談しながらゆるゆる歩き続けたいものです^^




nice!(63)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

谷川岳 夏① (2017年7月) [谷川岳]

DSC_7474.jpg
通算25回目の 谷川岳

西黒尾根、今回もなんとか登らせていただきました^^
 














DSC_7450.jpg
歩き始めて約2時間 樹林帯と鎖場を抜けてたどり着く ラクダの背 雲ひとつない晴天なり















DSC_7455.jpg
ここから一旦下るのが もったいない… いつも思ってしまいます ^^;

標高が2000mに満たない谷川岳、森林限界超えると陽射しを遮るものなし、もー暑くて、暑くて(><)















DSC_7467.jpg
定番ポイント














DSC_7470.jpg
平日ということもありますが、この日西黒尾根で会ったのは3人だけでした。(天神尾根はワンサカ^^;)















DSC_7484.jpg
オキの耳   右奥は巻機山















DSC_7488.jpg
落ちたら止まらないと思います…

西黒尾根、登山道の詳細はこちら ↓↓↓ の記事をご覧ください^^


※続きます♪


nice!(72)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

5月の一ノ倉沢 ②(2017年5月) [谷川岳]

17.5.8.5594.jpg
汚れた雪も夏が近づいてきたあかし















17.5.8.5819.jpg
まだ4~5メートルの積雪。 ちょっとした雪の回廊でしょ^^















17.5.8.5809.jpg
いつもの場所の オオイワウチワちゃん^^















17.5.8.5810.jpg
白ちゃんもいました♪















17.5.8.5794.jpg
イワウチワちゃん、今年はたくさん会うことができました^^ ありがとう、また来年ね♪

谷川岳、今年もどうぞよろしくお願いいたしますヽ(^o^)丿


nice!(62)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

5月の一ノ倉沢 ①(2017年5月) [谷川岳]

17.5.8.5599.jpg
一ノ倉沢  撮影日:5月8日















17.5.8.5592.jpg
振り返って (左)笠ケ岳 、(右)白毛門(しらがもん)

厳冬期は湯檜曽川からこの雪の沢を登りあげてここにたどり着きます。真ん中に薄っすら踏み跡が残っていますね。
昨年は2月の厳冬期でも雪が少なくて雪の下に沢が見えており、途中から右の斜面を必死で登りあげました。
これくらい雪があれば今年は不安なく沢を詰めることができたことでしょう。
やはり冬のあいだにもう一度来てみたかったな… いつもあとで思う ^^;














17.5.8.5779.jpg
満開の山桜♪















17.5.8.5814.jpg
山桜と白毛門(しらがもん)

足を痛める前は毎年いま時分の残雪期に白毛門に登っていました。
山頂直下が私たちには厄介… あの雪の具合だと元気なときでもたぶん山頂にはいけないな^^;
白毛門、前回登ったのは2014年  ↓ ↓ ↓ 
http://yoshikoronron2.blog.so-net.ne.jp/2014-06-02














17.5.8.5896.jpg
珍しいオレンジ色の ショウジョウバカマ















17.5.8.5802.jpg
咲いたばかりのアズマシャクナゲ♪ 後ろの花もそう、とても大きな樹でした。

もちろん大好きなあのお花にも会えました^^ 次回記事でご紹介させていただきます♪


nice!(68)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

冬の湯檜曾川周辺 (2017年2月) [谷川岳]

17.2.1.4596.jpg
一ノ倉沢 モルゲン間に合わずの巻・・・^^;

まだ暗い夜明け前から歩き始めたのですが、マチガ沢からノートレースとなり一ノ倉沢までたどり着けませんでした。















17.2.1.4627.jpg
1枚目、望遠で撮っているので近そうに感じますが、実際はこんな感じ ^^;

暗いなかのラッセルで疲れたので、この日はここまでとし、しばらく遊んで帰りました。















17.2.1.4616.jpg
白毛門(しらがもん)















17.2.1.4629.jpg
誰かさんの足跡♪















17.2.1.4618.jpg
パウダースノーをギュッと固めてお地蔵様のような4号 ^^;















17.2.1.4643.jpg
これでも例年に比べると積雪はまだ少ないかんじ















17.2.1.4653.jpg
マチガ沢より 西黒尾根~トマの耳















17.2.1.4658.jpg
マチガ沢より武能岳

この先に続いているトレースは私たちでつけた道。冬の限定ルート。
雪の下は沢なので歩くポイントを間違えて踏み抜くとドボンしかねない箇所もあり油断禁物。

実は早朝このあたりから未確認飛行物体を2機見かけました。 忽然と消えたあの物体は何だったのでしょうか…














17.2.1.4670.jpg
P2くんの待つ土合駅に無事到着 ^^v

冬の一ノ倉沢モルゲンロート、この冬のうちにリベンジ出来るかなぁ ^^;

撮影日:2月1日

nice!(75)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

一ノ倉沢② (2016年11月) [谷川岳]

16.11.25.3893.jpg
一ノ倉沢 モルゲン

うおぉぉ~~~ すんばらし~~~♪ 
が、しかし朝陽がのぼりはじめるこの時間帯が一番寒い(><)
カメラとレンズは凍りつきはじめ、フォーカスポイントの動きがユラユラし始めた。
カメラにこの症状がでると気温が-10℃を下回ったなと思う。
いつも過酷な環境にさらしてごめんね。 ヒーター、次回はちゃんと装着してあげないと・・・














16.11.25.3960.jpg
マチガ沢より 西黒尾根 トマの耳

また来年もよろしくお願いします m(__)m















16.11.25.3972.jpg
11月から新雪の上を歩くことができ、短い時間でしたが嬉しい気持ちでいっぱいの2人でした♪

しかし11月は夫婦揃って風邪からの気管支炎・・・ 
内科からはじまり、耳鼻科、呼吸器内科・・・ 2人してほぼ病院通いの1か月でした ToT

12月は今年1番の大きなイベントが控えています。 どうかどうかぶり返しませんように~~~
なにかと忙しい師走、みなさんもどうぞお気をつけてお過ごしくださいませ♪

nice!(69)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

一ノ倉沢① (2016年11月) [谷川岳]

16.11.25.3931.jpg
左 : 笠ケ岳               右 : 白毛門 (しらがもん)

今年はどちらにも登ることができませんでした ToT


関東地方に雪が降った翌日。 先週に続き一ノ倉沢へ。 
前日夕方の情報で登山指導センター前の積雪10センチ。 念のためアイゼンとワカン持参。 
現地で道路の様子を確認しワカンは車に置いていきました。 この日は結局アイゼンも不要でした。














16.11.25.3938.jpg
ガオ~~~ ^^;

AM5:00 RW駐車場出発時の気温は-7℃。
まだ体調万全でない私はマスクの上にネックウオーマ。 冷気を直接吸い込まないよう気を付けます。
写真はすべて日が昇った午前8時すぎてからのものです ^^;














16.11.25.3941.jpg
ブナの木に積もった雪もパウダースノ♪ 風が吹くと枝の上の雪がサラサラと舞い落ちてきました^^

このあとマチガ沢の様子も撮りましたので、そちらは次回に~^^


nice!(72)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

一ノ倉沢 (2016年11月) [谷川岳]

16.11.15.3778.jpg
一ノ倉沢 秋から冬へ・・・
 














16.11.15.3810.jpg
まだ少し色が残っています。 次回訪れたときは一体どんな色どりを見せてくれるのだろう。















16.11.15.3824.jpg
旧道から湯檜曽川を見下ろしています。

湯檜曽川へと流れ込んでいる沢は 松ノ木沢 毎年冬になると決まって大きな雪崩が起きる場所です。















16.11.15.3829.jpg
斜面には大好きな イワウチワ の葉っぱがビッシリ! 栄養を蓄え雪の下で冬を過ごし雪解けを待つのねぇ。















16.11.15.3854.jpg
次の場所へ向かう途中、ふとバックミラーを見たパートナー 「谷川岳から白毛門に虹がかかってるよ!」

時間は朝9時。 朝の虹って初めて見ました♪
この時もまだ体調万全ではないパートナー、次のゆるゆるポイントへと移動しました。
ちなみにこの日私はまだ元気でした ^^;

撮影日:11月15日

nice!(71)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog