So-net無料ブログ作成

あしたはこない [思うこと]

13.12.17.18.jpg
一ノ倉沢 (撮影:2013年12月)



いつかは訪れる。 これだけは皆平等。 この世にはあとどれくらいいられるのかな。



「山のなにがそんなにいいの?」 よく聞かれるけれど、いつも答えに躊躇してしまう。

花々の美しさ、新緑の瑞々しさ、風の心地よさ、空の蒼さ・・・

もちろんそうなのだけど、実際のところ未だに自分でもよく分からない。



『一体なんだろう・・・』 山に登りながら考える。

暑い、寒い、辛い、苦しい・・・ そしていつのまにか 「無」 になっている。 

何ぞや ではなく目の前にある山と自分との対峙。 何も考えていない。

心も体もないような感覚。 

一番適当な答えとしてはこの感覚を伝えたいのだけど、言葉にはできない。



山を歩くことで 「生」 を感じられる。

今生きている。 そのことを確かめに山に向かっているだけのかもしれない。





nice!(68)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

リハビリ順調です ^^v [日常]

11月18日(火)    晴れ

季節は晩秋から初冬へ

11月18日深夜、しし座流星群が見頃とのこと。 午前1時半、星空期待でここにスタンバイ。 雲多し・・・ToT 
おまけに雪まで降ってきて1枚も撮ることなく撤収。 それでも雲の隙間から2人で6個くらいの流星を見ることができました☆彡
 








夜明け前、蒼い時

しばらく車中で寝たあと午前6時前、よしころん再度スタンバイ。 空を覆っていた雲はほとんど消えました ^^v










夜明け










雪を頂いた八ヶ岳が朝陽に浮かび上がりました。










南アルプス方面

パートナー、夜中は撮影に付き合ってもらったのですが、ほぼ徹夜で運転してくれましたので朝は車で寝ていてもらいました。
早朝1人でここに登るのは2回目。 朝なら1人での撮影も平気なんだけど、やはり真夜中は1人は無理・・・かな・・・^^;
ここ、まもなく道路が冬季閉鎖となってしまうので次に来られるのは来年の春以降。
今度こそお星さま、よろしくお願いします☆彡









サクサクの落ち葉道♪

上の場所から移動して2時間ちょっとで周回できるハイキングコースを歩いてみることに^^










ミズナラが中心の明るくて気持ちの良い森です。 ドングリが沢山落ちていましたよ^^

このあとしばらくすると想像以上に本格的な登山道に(*_*;! 
急なアップダウンもあり、右膝に痛みが走らないかヒヤヒヤしましたがなんとか大丈夫でした ^^v

脚は様子をみながら無理なく少しずつ標高差、歩く距離を延ばしていこうと思っています。
いよいよ本格的に寒くなってきました。 みなさんも体調崩さないようお気をつけてお過ごしくださいませ^^


nice!(66)  コメント(25)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

小湊鐵道 秋 (2014年11月) [にわか撮り鉄]

11月10日(月)    晴れ

14.11.10.1.jpg
5ヶ月ぶりの撮り鉄です♪

「ひさしぶりに小湊鐵道に行ってみようよ」 パートナーが提案してくれました。










「もりらじお」の月崎駅

4月はこんな雰囲気でした♪
↓ ↓ ↓










春先に苔の壁に植え付けた草花は根付いているよう。 落ち着いた佇まいとなっていました。 自然は逞しいね。










             
列車がきたよ♪










ネコちゃん 日向ぼっこ中[晴れ]










しまった(><) ここから狙えばよかった・・・  で夕方撮りなおしたのがトップの写真 ^^;










ありがとう。 また来年ね♪










ガタン ゴトン~~  ポー!♪

このあとやってきた下り列車に乗り 上総大久保駅~養老渓谷 小湊鐵道 初乗車 ヽ(^o^)丿










養老渓谷駅下車 ほどなくやってきた 上り電車

この電車でまた戻ってもよかったのですが、歩いて戻ることにしました。 (約5キロ 峠越えルート選択)










ネコ 固まった・・・ ^^;










わくわく~♪ こんなトンネルがいくつもあります ヽ(^o^)丿










             
この手掘り感満載がいいでしょ! 将棋の駒の形のような掘り方 「観音堀り」 というそうです。










シャッタースピード遅すぎてブレたの巻・・・ ↓ ↓ ↓










             
舗装道路5キロの峠越え、よしころんの脚は問題ありませんでした ^^v  無理なくリハビリがんばります!



nice!(63)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

行先は風まかせ・・・ [奥多摩・奥秩父・奥武蔵の山]

11月4日(火) ~ 5日(水)

14.11.5.1.jpg
11月5日 廃道沿いの絶景


平日休みの我が家。 連休は月に一度あったりなかったり。
今年は私達にとっての貴重な連休がことごとく台風とぶつかってしまい、7月末の裏銀座縦走以来山泊はできていない。
「次の連休はやっとお天気よさげだね~♪ テントで鳳凰三山!」 脚の故障でその計画は泡と消えました・・・ ToT

この日のお泊りは みずかき山自然公園 キャンプ場。 16時頃までにここに着けばよし。
過去2回利用していましすが、予約不要、増富温泉も近くまったりテント泊には最適のキャンプ場。
(テント1張 ¥2000 ターフ代別途)
よしころんの脚はまだ長時間歩ける状態ではないので地図を眺めながら歩けそうな場所を探します。









11月4日 乾徳山のふもとに緩そうな渓谷沿いの遊歩道発見~♪










間近に眺められる滝がいくつかあったのですが、紅葉は残念ながらほぼ終了していました。










クリスタルラインから眺めた 金峰山

クリスタルラインは八ヶ岳から秩父山系にまたがる林道。 総延長68.1キロ。
http://crystal-line-guide.info/01.html
ドライブに気持ちのいい道ではありますが、林道なので幅員は狭く対向に苦労するような場所もあります。
運転に自信のない方はにはあまりお勧めできないかな。 (標高高く 夜間~早朝は凍結の恐れあり)









八ヶ岳方面   左奥は御嶽山

パートナーが見つけてくれた展望スペース ヽ(^o^)丿










瑞牆山 (みずがきやま)










南アルプス方面とお昼寝中のおじさん ^^;










みずがき山自然公園


こちらでのキャンプは3回目。 いつもこの樹の下がわたしたちの定位置です♪
過去2回は貸切でしたが、今回はもう1張テントが張られていました。
それでもこの広いテントサイトに2張のみ ヽ(^o^)丿
いつもは搬入、搬出時のみテントサイトへの車乗り入れ可能なのですが、

「今日は人少ないから車横づけしてていいですよ!」

『えぇ~~ いいんですか!? ありがとうございます~~~』

ザック等必要ないものはすべて車に置いておけるので、テント内も広々♪ 忘れ物もすぐ車にとりにいけるし~(笑)
オートキャンプ状態だね~♪ それにしても車がそばにあるとキャンプってこんなにも楽ちんなのですね^^

標高は1500m近いのでこの時期朝晩はかなり冷えます。 寝具も冬用のシュラフでないとかなり寒いかと。
営業時期は12月上旬までとアバウト。 雪で道路が通行困難になるとクローズするのかもしれません。
今回もゆったりまったり過ごさせていただき、ありがとうございました♪













明けて11月5日。 前日訪れた展望スペース。 モルゲンロートを狙っていましたが・・・










富士山方面もいまひとつ・・・↓ ↓ ↓

撮影の際もいつも付き添ってくれるパートナーなのですが、体調がやはりいまひとつ。 (早朝は特に弱い)
頭も痛いというので車で寝てもらっていました。
午前5時。 この展望スペースまで山道歩いて約15分。暗闇のなかよしころん初めてヘッドライト点けての1人歩き。
途中に危険箇所がないことは前日歩いて分かっていましたからね。
真暗くらな登山道、遠くで鹿が 「キャ~~~!」  
ひぃぃ~~ こっちがキャ~! だよぉ~~~(><) 一人でブツブツ。
展望スペースに着いた頃にはだんだんと明るくなりはじめ、結局7時頃まで1人で撮ってました。 









帰り道、橋の下の紅葉がよい雰囲気の場所発見!










お! この道歩けそうだよ!! トップ写真はこの廃道沿い










             
すでに車は入れないようになっていますが、人は歩ける遊歩道のようです♪










紅葉真っ盛りです~ヽ(^o^)丿










おぉぉ~~~♪










とてもいい雰囲気 ♪ そして誰もいない~~^^










2日間のうち、このあたりの標高 800m前後が一番綺麗に色づいていました。










紅葉追っかけもそろそろ終盤ですね。











あてもなくふらふらした2日間でしたが、ゆっくりまったり楽しむことができました。
連休、今年はおそらくもうないと思います。 次の連休(来年かな)は山泊できるといいなぁ~♪


nice!(56)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

快晴の連休は・・・ [予告]

11月4日(火) ~ 5日(水)

久しぶりに山日和の連休だったのですが、パートナーは風邪気味、よしころんは靭帯炎症・・・ がっつり歩きは無理 ToT


のんびりドライブして・・・










まったりキャンプして・・・










わくわくする廃道を歩いてきました~♪


※次回に続きます^^

nice!(58)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

茂倉岳~武能岳 (2014年10月) [谷川岳]

10月30日(木)    快晴[晴れ]

茂倉新道登山口P ~ 矢場ノ頭 ~ 茂倉岳 ~ 武能岳 ~ 蓬峠 ~ 東俣沢出合 ~ 林道終点 ~ 茂倉新道登山口P
 

14.10.30.29.1.jpg
夕日に照らされて燃える黄葉







……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

午前6時、夜明けとともに登山口を出発。

万太郎山。 結構雪がついています・・・(2日前の28日に冠雪)

「う~ん。 雪の状況で無理そうなら引き返そうね・・・」  (念のためアイゼンは持参しています)










万太郎~エビス大黒~仙ノ倉~平標   主脈のスター勢揃い~ヽ(^o^)丿










振り返って茂倉新道。 見えている道路は関越道 土樽PA付近。 あのあたりから尾根づたいに登って来ています。

  茂倉新道で茂倉岳までの単純標高差は約1300m。 土合駅から西黒尾根で谷川岳の単純標高差約1200mを上回ります。









巻機山も綺麗に見えています♪











矢場ノ頭(1490m)付近で森林限界を越えます。 谷川連峰の森林限界は標高1500m前後。 
北アルプス(約2500m)や南アルプス(約2700m)と比べても極端に低い。 この山域の厳しい自然環境が伺えると思います。









右に見えているのは谷川岳ですよ~^^  トマの耳、オキの耳が分かりますか。










茂倉岳避難小屋 このあたりから雪が増え始めました。










茂倉岳山頂~ヽ(^o^)丿 標高1978m  谷川岳1977m(オキの耳)より高いのよ~

この日の行程の1/3くらいなのでまだ元気な2人 ^^;










左から 一ノ倉岳~オキの耳~トマの耳   肩の小屋も見えています♪










ここからが本番! 未踏の武能岳に向かいます。










鞍部まで一気に約400メートル下ります (><)










朝日岳方面  残念ながら白毛門 (しらがもん) までは入りきらず(><)










振り返って 茂倉岳。 まだまだ下りますぅ ToT










北斜面には結構雪がついています・・・










             
所々こんないやらしい下りもあり(><)

アイゼンを付けるには 帯に短し襷に長し な雪の具合・・・ この大下りで神経を使ったこともあり、だんだんと脚に疲れが。









やっと鞍部まで下りてきました。振り返って 一ノ倉岳 茂倉岳。 白毛門から馬蹄縦走すると、ここは登り返すことになるのね…










登り返して 武能岳山頂~ヽ(^o^)丿










蓬峠、蓬ヒュッテが見えてきました~~~










夢のように美しい稜線・・・

あぁ、本当になんて美しい稜線なんだろう。 あの山のその向こうまでいつまでも歩いてみたいそんな道。
この日は終日雲もガスもない快晴に恵まれ、憧れの谷川馬蹄形の全容を全て見渡すことができました。
肉眼では遠く佐渡島までも確認♪ 谷川馬蹄形やはり想像以上に素晴らしいルート (でもとってもしんどい^^;)









蓬ヒュッテ到着~ ^^

今回のルート谷川岳を通らないこともありとても静かに歩けます。 この日稜線上で会った人は2人だけでした。
ヒュッテ前のベンチで小休憩。 なんとなく右脚に違和感を感じストレッチ。
13時半には蓬ヒュッテを出発し、下山開始。 日没前には余裕で下山完了予定だったのですが・・・

う~んやはり右脚がおかしい・・・ 以前左脚で経験した腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)の症状と似ている。
東俣沢出合付近まで下ったところでよしころん、とうとう右脚が壊れてしまいました ToT
あとは緩い下り、ここまで来れば大丈夫。 精神的にホッとしたこともあったのでしょう。
傷みで右ひざを曲げることができません (><)

以前左脚で経験しているので、痛みを抑えるためのツボは分かっています。
ストレッチしつつ、ツボを押さえつつ、足をひきずりつつ、ノロノロ下山。
パートナーも相当脚にきていたようで、なんでもない沢の渡渉で転倒 ToT
ラスト2時間は2人してへろへろのボロボロ・・・









よくがんばりました♪  最後に山の神様からいただいたご褒美。

ラストは全く余裕なくコースタイムの倍以上かかってしまいましたが、日没前に無事下山完了。
まだまだ脚力不足を実感させられた2人。 来年に向けてまた鍛えなおさないと。 

よしころんの右脚はやはり腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)のようです。 以前は左脚だったのに今度はなぜか右脚・・・
前回(2010年)は完治まで3か月かかりましたが、以前の経験から対処法が分かっているので日に日に回復していますのでどうぞご心配なく^^ 
それにしてもいつのまにか歩き方が雑になっていたのかもしれませんね。 反省しきり・・・
腸脛靭帯炎、日常生活には全く影響ありませんし、平地であればふつうに歩くことができるのですが、足に大きな負荷をかけることはできませんので、しばらくハードな山行はお休みになりそうです。
下界の深まる秋を楽しめればいいなと思っています♪


nice!(55)  コメント(29)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog