So-net無料ブログ作成

唐松岳へ①(2017年9月) [北アルプス]

DSC_6882.jpg
丸山ケルンを越えたころから白馬岳方面がすっきり見え始めました♪


黒菱からリフトを乗り継いで八方尾根経由、唐松岳山頂へ、1泊2日(テント泊)の往復ルート。
数年前なら経費削減兼ねてリフト利用はなかったでしょうが、現在故障持ちの夫婦はがっつり頼ります^^v
リフト、本来は2人乗りですが、荷物が大きいため1人ずつ乗車。
荷物重量が15キロを超えるとリフト料金の他に手荷物料金(片道¥210)が発生します。
間違いなく20キロオーバーのパートナーは計量パスして手荷物券も購入。
私はカメラと一番重いレンズをパートナーに預け計量に。14.9キロ!?ぎりぎりセーフでした^^;














DSC_6849.jpg
期待していた八方池からの白馬岳は帰路も望むことが出来ず、またのお楽しみに^^















DSC_6878.jpg
五竜岳、その後ろは鹿島槍















DSC_6884.jpg
唐松岳頂上山荘より我が家(真ん中緑色)と剱岳

この写真だと小屋からテン場までそう遠くなさそうに見えますが…















DSC_6901.jpg
唐松岳より唐松岳頂上山荘とテン場

急斜面にテン場が張り付いているのが分かると思います。ちなみにこの写真の中に我が家は写っておりませぬ…
我が家の敷地?(笑)はこのさらに下の斜面。小屋まで標高差70メートルくらいあるかなぁ。
真夜中、テントから小屋までのトイレが試練でありんす^^;














DSC_6893.jpg
唐松山頂より不帰嶮を経て白馬岳方面

同じ日の朝、achamiさんが歩いた道。すごいなぁ…

1時間近く山頂にいたのですが、その間白馬岳方面から来られた方が3組ほどいらっしゃいました。















DSC_6899.jpg
我が家(テント)からの剱岳♪















DSC_6903.jpg
やはり我が家(テント)から 焼けるかなぁ♪ 期待したのですが…

このあとガスで真っ白に。 残念ながら夕焼けを見ることは叶いませんでした^^;
夜と朝の景色に期待です~ おやすみなさいzzz

nice!(69)  コメント(19) 
共通テーマ:blog

nice! 69

コメント 19

g_g

この素晴らしい景観に惹かれて歩きに行くんでしょうね。
歩きたいけど・・・若さが欲しいと感じます。
by g_g (2017-09-14 08:21) 

ぜふ

高低差がすごすぎて山荘がまるでミニチュアのように見えますね。
五竜岳の山容が美しい♪
by ぜふ (2017-09-14 08:25) 

tochimochi

素晴らしい景観ですね。
岩とハイマツの稜線が何とも言えません。
こういうのを見ると行きたくなってしまいます ^^;

by tochimochi (2017-09-14 08:50) 

achami

私、手を振ってましたよ^^
リストとゴンドラは、無条件で使うでしょう〜♪
荷物の追加料金があるとは、知らなかった!!!
by achami (2017-09-14 10:12) 

ちんぐるま

この山荘のトイレの隣に宿泊しました。
一晩中、足音と臭いが絶えませんでした。
でもね… 熟睡できたのだ!
by ちんぐるま (2017-09-14 11:22) 

kisara

この風景に惚れ惚れ~♥♥♥
素晴らしい写真をありがとう♪
テン場から小屋まで、標高差で70メートル・・・唖然・・・

剱岳。この雄姿。カッコイイです^^
by kisara (2017-09-14 12:57) 

いろは

こんにちは^^
唐松岳頂上山荘は、凄い所に建っているのですね〜
白馬岳方面を写されたお写真、素晴らしい〜〜です♪
by いろは (2017-09-14 15:48) 

REE

ありがとうございます。
素晴らしい絶景ですね。
この景色を撮るにはこれよりさらに上に登っているのですよね。
私には無理です。(^^);
by REE (2017-09-14 15:48) 

フジトモ

ここ数年でテントの数が急増しているように・・・?
最近はテン場が空いているか不安で、つい小屋泊まりが多くなってしまっています。
by フジトモ (2017-09-14 21:34) 

暁烏 英(あけがらす ひで)

このブログ楽しめました。7月下旬同じコースを歩いたのですが、濃霧で遠望が利かずがっかりでした。15kg近く背負って登るとは、健脚ですね。
by 暁烏 英(あけがらす ひで) (2017-09-14 22:17) 

hrd

素晴らしい絶景に言葉が見つかりません\(◎o◎)/!
by hrd (2017-09-15 07:53) 

nousagi

w(゚o゚)w オオー!
カメラ、レンズ抜いても15キロすれすれ?
それは大変な荷物ですね。(^^;)
何がそんなに重いんだろう。
あ、食料だね。(^^)
by nousagi (2017-09-15 11:14) 

山子路爺

唐松岳行くといつも思うんです「テン場が下の方で大変だなぁ〜」って。
出発時にザック背負って小屋まで登るだけで疲れちゃいそう。

by 山子路爺 (2017-09-15 12:10) 

テリー

すばらしい景色ですね。何回か唐松岳へは、行きましたが、もう、体力的に難しいかな。
by テリー (2017-09-15 17:42) 

馬爺

感じてからあそこまで行くのが大変トイレの前に疲れますね。
しかし凄い所で寝るんですね。
by 馬爺 (2017-09-15 17:48) 

はるか

全部写真が素晴らしい。

マクロ持たないテン泊、でも重い荷を背負いながらもこの絶景を撮りながら、登っているのですね。すごいなあ。

唐松岳への道。学生の時の同期6人で、一度リフトで登ったことがありますが、
わいわい騒ぎながら、一体どこまで登ったのか?がわからないです。

achamiさんのブログで不帰儉を、ここに行きたいというねえちゃまに教えてあげよう。私は決して行けないと思います。


by はるか (2017-09-15 19:04) 

Inatimy

頂上山荘から見たテントのある風景、私にはすごく新鮮です^^。
真夜中のトイレ、怖くて行けそうにないです・・・。
by Inatimy (2017-09-15 21:26) 

Jetstream

とてもきれいに山々が撮れてます! やっぱり北アルプスはいいですね。
唐松山荘のテン場って、あんな下にあったんですね。
私にはもうテントを担いだらパンクします。私は日帰りで7~8KG、山小舎一泊で10KG程度です。
by Jetstream (2017-09-16 11:17) 

michi

おはようございます。素晴らしい絶景ですね。
“唐松岳頂上山荘より我が家と剱岳“・・・後立山を白馬から針ノ木まで通した(連続ではなく、何回にも分けて)歩いたときに、劔をずっと眺めていました。
by michi (2017-09-17 07:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。