So-net無料ブログ作成

6月の一ノ倉沢 (2017年6月) [みんなでおでかけ]

17.6.2.5651.jpg
緑を纏った 一ノ倉沢

前々回の記事「花寺 吉祥寺」の続きです♪

谷川岳方面は午後からやや天候回復しそうな雰囲気。
吉祥寺を出たあと、時間調整も兼ねて道の駅川場田園プラザで少し早いお昼を先にとることにしました。
道の駅に到着してほどなく雨が降り始めたなと思ったら、あっという間に軒下から動くことができないほどの雨+ヒョウに!
しばらくのあいだ軒下で雨宿り、小ぶりになったところを見計らってお蕎麦屋さんに入りました。
限定の十割そばを美味しくいただき終わったころ雨はすっかりあがっていました。
このあたり早朝も雷雨だったということだし、この後はどうか天候安定しますように… 
願いつつ一ノ倉沢へと車を走らせました。














17.6.2.5644.jpg
やった~ヽ(^o^)丿 よしころんカメラ設定中になにやら説明中のパートナー

数年前に亡くなられたいろはさんのご主人さまはこの壁を登るほどの山男でいらっしゃいましたが、いろはさんとのご結婚を機に山はやめられたのだそうです。














17.5.8.5819.jpg
一カ月前、5月の様子。雪が半分以下になっているのがお分かりいただけますかね。

以前はここまで自家用車で来ることができましたが、数年前より登山指導センターより先に一般車両は入ることができなくなりました。
歩いて行くこともできますが(片道1時間前後)、シーズン中は 谷川岳ロープウェイ駅 ~ 一ノ倉沢間 を電気バスも運行しています。(ガイド料:片道¥500)
http://www.enjoy-minakami.jp/news.php?itemid=978
往路はこのバス利用で楽々一ノ倉沢へ^^













17.6.2.5653.jpg
まだ新緑の雰囲気が残っていました^^ (帰路撮影)

もう雨は降らないかな… 帰路はのんびり歩いて戻りましょうか♪ すっかり安心していたら再び雨が(><)














17.6.2.5655.jpg

レインウェアで雨の中を歩いたことがないと仰るいろはさんは少し不安げな様子でしたが、10分もしないうちに雨はあがり、道沿いに咲くお花を探しつつゆっくりと戻りました。














17.6.2.5648.jpg
記念撮影^^v

ガイドさんによると、一ノ倉沢もやはり午前中は雨とガスでほとんど景色は見えなかったそうです。
スマホで雨雲の動きをチェックしながら動くことができる便利な時代なのだとつくづく思います。
この日の一ノ倉沢は思いの外気温が低く、お2人には寒い思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。

水上インターから関越道に乗り一路東京方面に向かっていたとき、サプライズが!
「わぁ虹がでてる~♪」手の届きそうな近さのところに大きな虹のアーチがかかっています。
それも今まで見たことのないくらいくっきりハッキリした七色の虹。
「もうすぐ虹の下をくぐれそう~♪」
みんなでワクワクしながら虹の下をくぐる瞬間を待っていたのですが、近づいては遠ざかり、また近づいては遠ざかり… いつまでたっても虹の橋の下にたどり着くことは出来ませんでした。

旅の最後に4人で見たあの素晴らしい虹。 素敵な旅の思い出にまさに虹の橋がかかってくれたのでした♪

いろはさん、きのこさん、楽しい1日をありがとうございました^^

nice!(70)  コメント(14)  トラックバック(0) 

nice! 70

コメント 14

(。・_・。)2k

俺が行った時は
車で入れなくなった直後だったみたいです
涼しいから 歩いてても楽しいですよね(^^)

by (。・_・。)2k (2017-06-17 07:07) 

いろは

よしころんさん
おはようございます♪
もしかしたら、今朝、アップなさっているかしら?と思って...(^^)
この度は大変お世話さまになりました。
レインウエアのズボンや手袋、ネックウォーマーまでお借りしてとても助かりました。ちょっと緊張しましたが、とても楽しい旅となりました!
谷川岳は遭難者が日本一多い山、山登りを辞めたのは、主人の両親との約束だったようですよ^^その後は剣道に夢中になり...(^^;
虹は感動的でしたね〜又いつかご一緒できたら嬉しいです。
ありがとうございました♪
by いろは (2017-06-17 07:39) 

アールグレイ

雪の残る山々の壮大な姿、いいですね^^
虹が見られて良かったですね。
by アールグレイ (2017-06-17 08:52) 

ゆきゆき

虹の思い出は忘れられない記憶に残る不思議な現象です。
それが一瞬の時間なのに。
by ゆきゆき (2017-06-17 11:22) 

BOB

以前は車で出合まで行けたですよね。
それ以来この岩壁を見る事が無くなりましたので、いつもワクワク拝見しております。
晴れていても曇っていても不気味な光景ですね。
(数々の山岳小説の影響でしょうか(^^)/
by BOB (2017-06-17 13:56) 

Hide

綺麗な景色に感動しました!
ここに虹がプラスされますと超感動的ですね!
私も結婚を機に仕事一筋となりましたが誰も信じません・・・
一ノ倉沢に一度は行かなければと・・・常に思っています。
バス利用で楽々なんですね・・・><?

by Hide (2017-06-17 15:21) 

g_g

この景色の中を歩けるなんて幸せに感じます。
どの辺りに虹が出たのか、疲れを癒やすために
その虹が励ましてくれたのかも・・・
by g_g (2017-06-17 17:41) 

engrid

虹を追いかけて、、素敵なことですね
山ならではの、醍醐味かな
ご結婚を期に山をやめられる、その心にグッときました
by engrid (2017-06-17 17:45) 

テリー

残雪の一ノ倉沢も、迫力があって、いいですね。
by テリー (2017-06-17 22:24) 

きのこ

私もすっかり山から遠のいてしまっており、準備不足、寒さ対策も怠ってしまいました。><
今回も完璧なプランニングとホスピタリティ、ありがとうございました☆
いろはさんと我々にとっても思い入れの深い谷川をご一緒できたのはとても嬉しかったです!
1枚目の一ノ倉、あの重々しい雰囲気が伝わってきます。
最後の虹は本当に感動でしたね!いろはさんも目をキラキラさせて喜ばれていたのが更に嬉しくなりました♪
by きのこ (2017-06-18 00:42) 

山子路爺

岩も雪もそして新緑も素敵!

by 山子路爺 (2017-06-18 11:03) 

tochimochi

>ロープウェイ駅 ~ 一ノ倉沢間 を電気バスも運行
してるのですか!しかもガイド付き?!
時代は変わりましたね。
一ノ倉沢も緑が増えてきましたね。

by tochimochi (2017-06-18 11:20) 

Jetstream

一ノ倉沢は画になりますね。 クライマーしか立ち入れないOFF LIMIT ゾーン、魔の山ですが惹かれます。
一ノ倉沢はもう車では入れないのですね。(@_@;)
by Jetstream (2017-06-18 23:36) 

imarin

うぅ~む、憧れの一の倉沢。
今年こそ!今年こそ~~!w
by imarin (2017-06-20 09:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0